これで夫婦喧嘩も減るはず…? 夫婦でスケジュールを共有する方法を紹介


子どもの行事ごとや夫婦の結婚記念日など、絶対に忘れてはならない予定ってありますよね。手帳にメモをして管理している人は多いと思いますが、それだと夫婦で予定を完全には共有できないから、連絡の行き違いが後々夫婦喧嘩の原因になってしまうことも…。そんな失敗を避ける方法を今回紹介いたします。

使用するのは、「Google Calendar」です。

Google Calendar設定方法

1. カレンダーを開いたら、画面右の「歯車」を選択。
「設定」が表示されるので選択。

2. 左上の「カレンダー」を選択。
「新しいカレンダー」をクリック。

3. カレンダー名を適当に入力。
「共有するユーザーのGmailアドレス」を入力。
入力したアドレスに「閲覧権限」を設定してください。

4. 「完了」を押すと、カレンダー画面左の「マイカレンダー」に
先ほど作成した名前のカレンダーが追加されているかと思います。

5. これで、後は閲覧権限を「変更可能」に設定しておけば、
権限をもたせた相手のアカウントからも予定変更が可能となります。

関連情報

このようにGoogle Calendarを設定することによって、夫婦での予定共有だけでなく、家族全員の予定を1つのカレンダー内で共有・変更することが可能になります。

お子さんが小学生以上の方であれば、パソコンやスマートフォンから自分で予定を入力することも可能かもしれません。家族全員で予定共有をしておくことで、家族で外食に出かける際などは友人との遊びの予定を入れないなどの前もった対応ができますよね。

他にも便利な活用法は様々あるかと思います。ご自身で色々と試されてみると良いですし、インターネット上で検索してみると多様な活用法が紹介されていますので、是非お試しください。

パソコンからではなく、スマートフォンからカレンダー管理をする方が自分には合っているという方であれば、「lifebear」「つなガレ!」「ライフルファム」「Between」「カップルズ」「Pairy」など、iPhoneやAndroidで活用できるアプリが数多く公開されていますので、ご自身に合うものを色々試してみてくださいね!


この記事の著者

細川 良樹

細川 良樹

高知在住のフリーライターです。20代半ばから甥と姪のベビーシッターを務めている関係で、一般的なお父様方以上の育児経験を有しています。「メシが食える子どもを育てる」をモットーに日々研鑽を積んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る