たくさん絵本を読み聞かせてあげたいパパ必見 絵本を安く手に入れる方法


「知的好奇心が育つ」、「集中力が身につく」「語彙が増える」「本が好きになる」など、読み聞かせが子どもに与える恩恵は数多く紹介されています。

ただ、絵本って、大人が読む書籍と比べると高価なものが多いのが玉にキズなんですよね。子どものためにたくさんの絵本を買ってあげたい。でも、絵本は高いからたくさん買ってあげられない・・・。というジレンマに陥ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は絵本をお安く手に入れるための方法を紹介したいと思います。

絵本を安く手に入れるために最適なのが「中古本のまとめ買い」です。まとめ買いをするには、「ヤフオク」を利用すると便利です。

ヤフオクで絵本を安く手に入れる手順

1. ヤフオクのホームページにアクセス。

2. 検索窓に「絵本」と入力。

3. 画面左「カテゴリ」から「本、雑誌」を選択。

4. 「児童書、絵本」を選択。

5. 「絵本」を選択。

6. 「絵本一般」を選択。

今度は画面右側の「入札」を選択。

一度選択しただけだと、入札の横の矢印は上向きになるので、もう一度入札を選択し、「下向き」にする。

入札が多い(人気がある)順に商品が並ぶので、上からチェックしていき、希望の商品を見つけたら入札を行う。あとは、オークションに従って落札を行い完了。

例えば、現在入札が最も多いこちらのオークションを見てみると、87冊セットが現時点で「5,250円」となっています。

ただ、残り期間が4日あるため、この絵本セットをこの価格で買うことは難しいですね。経験上、1冊200円ほどで購入できればお得なオークションだと言えるかと思います。1冊300~350円を超えると割高感が出て、他の方も入札を控えるようになるはずです。

ですので、理想としては1冊あたり200~300円の範囲に収まる金額で落札できると良いかと思います。なので、ここで例に出した絵本セットであれば、1冊当たり200~300円として、17,400~26,100円の間でならばお買い得ということができます。

1冊何円で買えればお得なのか?

とはいえ、1冊あたり300円を超えても決して高いわけではありません。オークションの平均的な落札価格から見れば割高だという意味です。

例えば、Amazonで「ぐりとぐら」を検索してみると、新品で864円もします。中古本でさえ、174円です。中古本には、送料が一律で257円加算されますので、実際のAmazonでの最安価格は431円になるわけです。そう考えると、1冊当たり300円を超えて落札をしても決して高すぎる買い物では無いのだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

中古絵本を取り扱っているお店は他にもありますが、使い勝手や安心感において、やはりヤフオクは優位だと思います。是非、一度利用してみてはいかがでしょうか。


この記事の著者

細川 良樹

細川 良樹

高知在住のフリーライターです。20代半ばから甥と姪のベビーシッターを務めている関係で、一般的なお父様方以上の育児経験を有しています。「メシが食える子どもを育てる」をモットーに日々研鑽を積んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る