寝かせておくのはもったいない 古いiPhoneの有効活用方法3つ


iPhoneを中心としたスマートフォン。

機種変更時に下取りに出すことができますが、個人情報の漏洩が心配などといった理由から、自宅で保管しているという人も多いのではないでしょうか。

そんな人達にお知らせしたい古いiPhoneの使い道です。

1. 監視カメラとして利用できる

iPhoneの動画撮影機能とアプリを利用することで、リモートで自宅の様子を確認することができるようになるのです。

防犯用にはもちろん、ペットを飼っている人であれば、仕事の合間にペットの様子を把握することもできます。

2. お風呂の読書端末として利用

電子書籍も大分普及してきましたが、さすがにiPhoneが壊れてしまうのが心配でお風呂には持ち込めないのではないでしょうか。

バスタイムの読書は気持ち良いのに残念です。

そんな時には壊れてしまってもダメージの少ない古いiPhoneを利用しましょう。

完全に濡らしたりしなければ、そう簡単に壊れませんし、古くても電子書籍を読む程度であれば全く支障はないでしょう。

古いiPhoneをお風呂用に利用するのはオススメです。

3. ランニングのお供に

iPhoneがどんどん大きくなってきてランニングの際などは少し邪魔になってきたと感じる人もいるのではないでしょうか。

そんな時に古くなった少し小さめのiPhoneをMusic Playerとして利用してはどうでしょうか。

ランニング時に音楽を聴く端末として利用することにより、現役で利用しているiPhoneのストレージも少し空きがでますし、一石二鳥です。

iPhoneをはじめとしたスマートフォンは、小型のノートパソコンのようなものです。故障しているわけではないのに寝かせておくのはもったいありません。是非押入れから引っ張りだして、有効活用してみましょう。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る