クレジットカード払いで節約できる「2つの時間」


現金払いが主流と言われていた日本ですが、最近はクレジットカードや電子マネーを利用する人も多くなってきました。

それでも一定の年齢以上の人達にとっては、クレジットカードでの支払いには抵抗があり、基本は手持ちの現金で支払いを済ませたいという考えが根強いのではないでしょうか。

『クレジットカードで買い物をしすぎて破産。』 …そんなことを想像してしまうのでしょう。

確かに、クレジットカードは手持ちの現金以上に買い物をすることができますので、想像しているような事態に陥る可能性はあります。

それでも、支払い方法を現金からクレジットカード中心へと変えることはおすすめです。

一度クレジットカード払い中心の生活に慣れると、現金払い中心の生活には戻ることができないでしょう。

それだけクレジットカード払い中心の生活は快適なのです。

1. 硬貨を探す時間を節約

支払いの中心をクレジットカードにすることによって一番初めに感じるメリット。

それは、会計がスムーズになることです。

今までは、財布の中から必要なお金を選んで、できるだけお釣りが細かくならないように最適な硬貨を探していました。

カード払いにすると、この財布の中から今回の支払いに最適な硬貨を探すという行為がなくなります。

硬貨を探す時間が節約されるのはもちろんですが、どの硬貨を出すのが最適か考えている時間を、他の考え事に振り分けることができるのです

また、お店の人がお金を数える時間や、お釣りを計算される時間も短縮されます。

体感としてはレジにとどまる時間が半減になるといったところでしょうか。

2. 家計簿に費やす時間を節約

次のメリットとしては、家計簿をつける必要がなくなるということです。

日々、何に幾らお金を使ったかを把握することが節約への一歩と言われています。

否定はできません。

しかし、これはかなり手間のかかることです。

お金を払う度にレシートを保管し、定期的に保管したレシートの内容をノートに転記する必要があります。

そして、ノートに書いた支出を計算することでようやくお金の使い方を把握することができます。

クレジットカードしか利用していないとどうでしょう。

日々利用した履歴が自動的に記録されていき、ウェブサイトで確認することができます。メモをとったり、まとめたりする必要がなく、お金の利用状況を把握することができるのです

毎月、家計簿に費やしていた数時間を節約することができます。

常識的な自制心があればカード破産に陥ることはないでしょう。

クレジットカードを支払いの中心にすることで、あなたの時間は大きく節約できる可能性があります。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る