スマホではなく、手で書き込む「手帳」が仕事の効率を高めてくれる


Iot(モノのインターネット)という言葉をいろんなところで目にするようになりました。今後、家電から工場の機械まであらゆるものがネットに接続される世界がやって来ようとしていますが、その端末の最たるモノがなんといってもスマホでしょう。

スケジュールやデータの管理からタスクリストまであらゆるものをスマホで処理する方がますます増えていますが、モバイルやアプリの使い方を学ぶのに時間がかかり、かえって生産効率が下がっていませんか。

こういう時代だからこそ、一見アナログに見える手帳に手が書きこむ方法が仕事の効率を上げてくれるかもしれません。

手帳でやることとスマホでやることをきっちりと分ける

勘違いしていただきたくないのは、スマホは使わずに何でもかんでも手帳でやるようにオススメしようとしているわけではないということです。

クラウドによって、あらゆる情報が一貫管理できるため、手帳というアナログのツールではどう転んでも同じことができないこともたくさんあります。

大事なことは何をクラウドやスマホで行い、何を手書きの手帳で行うのかきっちりと分けておくことです。

手帳でやることは「タスクリスト」

結論から言いますと、スマホではなく手帳でやったほうが良いこと、それは「タスクリスト」です。

タスクリストに関しては山ほどアプリがあります。デザインが美しいもの、機能的に見えるものもたくさんありますが、しばらくすると使わなくなってしまいます。

なぜでしょうか?

理由は日々のタスクが時間とともにどんどん変化し、既存のアプリだとどうしても柔軟性に欠けるからです。

「柔軟性に欠ける」というは語弊があるかもしれません。実際、様々なアプリは改良を重ね、かなり使いやすくなっています。しかし、どう頑張っても「現れては消えるタスク」を忘れないようにと瞬間的に手で殴り書きするスピードには負けます。そして、考えてみますと、タスクリストとはそういうものなのです。

タスクリストは常に過去に流れていくものです。終わったタスクを見返すことはありませんし、その必要もありません。きれいに保存しておくものではないのです。

そのタスクリストの目的を考えると、アプリによってタスクリストを管理する経済的、時間的コストがもったいなくなり、結局使わなくなってしまうのです。

また、タスクによってはいつやるべきなのかをすぐに確定することができないものもあります。期間的に比較的余裕のあるものもあります。そういったタスクを含めてスケジュールと一体化させ、長期間のスパンで記入できるのも手帳の良さです。

最後に人間の脳は実際に手を動かしてタスクをメモし、それを横線でズバッと消すことによってストレスをコントロールすることができます。それも手を動かすことの醍醐味でしょう。

タスクリストをスマホで管理することにどこか違和感を感じている方は是非試してみてください。


この記事の著者

木下 まさひろ

木下 まさひろ

学習塾、法律事務所勤務を経て、現在は海外在住。『Festina lente(ゆっくり急げ)』を座右の銘に真のスローライフを実現すべく奮闘中 。毎朝の野菜ジュースと週3回のジムは欠かさない。40代前半。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る