40代は「ながら運動」で体型を維持しよう


40代になると気にしなくてはならないのが体型です。 少しぽっちゃりなメタボ体型に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ランニングや自転車や水泳。 そんなエクササイズを習慣にすることができれば、スマートな体型を維持することができますが、働き盛りの40代。 運動をするためのまとまった時間をとることは難しいのではないでしょうか。

まとまった時間をとることが難しいのであれば、細切れの時間を使った「ながら運動」でスマートな体型を手に入れましょう。

デスクワークは背筋を伸ばして

業務のIT化が進むにつれてデスクワークの仕事に占める比率がどんどん高くなってきました。 営業マンでさえも外に出るよりもデスクワークが多いという時代です。

そんなパソコンを使いながらのデスクワークはどうしても猫背になりがちです。 これを意識的に改善するようにしましょう。

背筋をシュッと伸ばしてみてください

身体に力をいれなければなりませんので初めは辛いかもしれません。 しかし、継続する内に段々と上半身がすっきりしてくるはずです。 デスクワークをしながら常に身体に力を入れているのですから当然のことでしょう。

加えて、時折足を浮かせるなどの運動をしてみるのも良いでしょう。 腹筋が鍛えられるはずです。 もしあなたのオフィスが比較的自由な環境であるのならば、椅子をバランスボールにしてしまうという手もあります。

通勤時は颯爽と歩きましょう。

昔から言われているのが、通勤時に多目に歩くようにしましょうという事です。 一駅前で降りて、一駅分多く歩くという方法をとっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく多く歩いても姿勢が悪く、ダラダラと歩いていては効果は半減です。 せっかく一駅分も多く歩くのですから最大限の効果を引き出したいものです。

歩くのも姿勢が大事です。 お腹をへこませ、背筋を伸ばして颯爽と歩きましょう。

そして大事なのが大股で少し早いペースで歩く事です。 じんわりと額に汗がにじみ出るくらいのペースを意識しましょう。 それなりのカロリーが消費されるはずです。

同じ運動でも少しやり方を変えるだけで効果が大きく変わる場合もあるのです。

通勤の他にも階段の昇り降りも良い運動になります。

この階段の昇り降りも、昇る時は一段飛ばしで昇るようにし、降りるときは片足ごとに体重をかけながらゆっくり降りるようにしてみると、身体に不可がかかり効率的に運動をすることができます。

まとまった時間を取ろうとするとハードルが高くて中々運動が習慣化されません。 しかし、仕事をしながら、通勤しながらなどのちょっとした細切れの時間を利用した運動であれば続けることも難しくはないのではないでしょうか。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る