英語多読で子どもの英語力を伸ばそう! おすすめの英語多読用絵本を紹介


DVDやテレビ番組、インターネット動画配信など、一昔前と比べると英語に触れるハードルはぐっと低くなりました。ただ、動画だけを見ていてはなかなか身に付けづらいのが「文字を読む」ことではないでしょうか。

昔も今も、文字を学ぶには読書が一番。今回はおすすめの英語多読用絵本を紹介します。

Scholastic(スコラスティック)社

  • First Little Readers(ファーストリトルリーダーズ)
  • Sight Word Readers(サイトワードリーダーズ)
  • Folk & Fairy Tale Easy Readers(フォーク&フェアリーテイルイージーリーダーズ)

どれも簡単な単語を用いて書かれています。手のひらサイズの小さな絵本セットで、英語多読のはじまりに最適なものばかりとなっています。Amazonで2,000円前後で購入することが可能です。

Oxford(オックスフォード)出版

  • Oxford Reading Tree(オックスフォードリーディングツリー)

英語版ORTホームページ
日本語版ORTホームページ

2歳児から小学生まで幅広い年齢に対応した作品が多数ラインナップされています。絵本全般に共通することですが、分量から考えると高いと思われるかもしれません。ただ、英語圏ではネイティブの子どもたちの教科書として使用されている絵本なので、安心して使用することができる内容となっています。CD付属で6冊セットが、3,500~4,000円程で購入できます。

CTP社

  • Learn to Read(ラーントゥリード)

英語教材のctm
Oxford Reading Treeと同様に、英語圏では有名な絵本シリーズです。上記リンクは、日本国内でCTP社の絵本を販売しているctm(creative teaching materials)のものです。CD付属6冊セットで3,200円ほどなので、若干Oxford出版のものより安い価格です。

英語絵本を探す参考になるサイト

SweetHeart

バイリンガル教育
最近では珍しくなったシンプルなサイトですが、内容の充実ぶりは圧巻の一言。無駄がなく、とても見やすい上、丁寧な説明が付されています。Amazonリンクが貼られているため、そのままAmazonサイトで購入を行うことができて便利です。

多聴多読絵本

絵本 | 多聴多読ステーション 立ち読み・試聴してみよう!

英語多読研究会SSS

SSS英語学習法のご案内
100万語を目指して「英語多読」を行うことによる英語力向上を掲げている英語多読研究会のサイト。従来の英語学習のような退屈な教材ではなく、絵本や小説を用いることで、より自然な形で楽しみながら英語を身に付けることを提唱しています。

今回紹介した英語絵本は、どれもレベル別に構成されており、幅広い年齢のお子様にご利用いただける内容となっています。CDセットで販売されている絵本もありますので、英語が苦手で音読に不安がある親御さんであっても問題なく読み聞かせを行うこともできるようになっています。ぜひ一度お試し下さい。

出典:『5歳からでも間に合うお金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法(平川裕貴著)』


この記事の著者

細川 良樹

細川 良樹

高知在住のフリーライターです。20代半ばから甥と姪のベビーシッターを務めている関係で、一般的なお父様方以上の育児経験を有しています。「メシが食える子どもを育てる」をモットーに日々研鑽を積んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る