ネットから子供の安全を守る PC・スマホで使える「フィルタリングソフト」を紹介


小学生でもスマホを持っているのが当たり前の現代。いつでもどこでもネットが見られることで、子どもへの悪影響を心配する親御さんは多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パソコン・スマホの便利なフィルタリングソフトをご紹介したいと思います。

パソコン

iフィルタ

1台毎にライセンス料(4,320円/年間)を支払うことでダウンロードして利用することができます。非常に高い性能を誇るブロック機能が特徴です。

URLを指定してのフィルタリングから、時間帯別・ジャンル別などでのフィルタリング機能も搭載されています

子どもが勝手にソフトをアンインストールすることを防止する機能も搭載されており、アンインストールには事前に設定したパスワードが必要となっています

いくら設定を厳しくしてもアンインストールされてしまっては意味がないので、強固なアンインストール防止機能が搭載されていることは強みと言えるのではないでしょうか。

iフィルタ

K9 Web Protection

完全無料のフィルタリングソフト。日本語化がされていないため、最低限の英語力が必要となります。

URLでのフィルタリングの他にも、個別指定ワードでのフィルタリング機能や時間帯別ブロック機能などが搭載されています。日本語の設定ワードは非対応です。

アンインストールにはパスワードが必要となるため、子どもが勝手にソフトを削除することはできません。(正確にはできてしまうのですが、複雑な手順が必要となります。)

K9 Web Protection

スマホ

iフィルタ

パソコン編でも紹介したソフトのスマホ版です。パソコン用と比べると機能は制限されていますが、機能面での不満は感じることはないかと思います。

Wi-Fiだけでなく、携帯回線下でも使用することができるため、家の外でもフィルタリングの効果は継続されます。

また、子どもが有害サイトにアクセスしようとした場合、親のパソコンやスマホに通知が届くように設定することができるので、どこにいても子どものネットにおける安全を見守ることも可能です

iフィルタ

スマホ依存は勿論のこと、SNSサイトによるネットいじめなど、親の目の届かないところでのトラブルの種は数えきれないほどです。

このようなソフトを利用することにより、子どものデジタル機器利用における心配・失敗を格段に減らすことが可能となります。


この記事の著者

細川 良樹

細川 良樹

高知在住のフリーライターです。20代半ばから甥と姪のベビーシッターを務めている関係で、一般的なお父様方以上の育児経験を有しています。「メシが食える子どもを育てる」をモットーに日々研鑽を積んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る