私達アラフォー世代が職場から残業を無くす方法


私達は残業をせずに効率的に仕事を進めることに取り組んできました。

スキルもついて、定時に帰ることができるようになってきた方も多いでしょう。

しかし周りを見渡してみると依然として残業に苦しんでいる人がいるというのも現実ではないでしょうか。

自分が残業をしないのはもちろんですが、今度は職場全体が残業をしないためにはどうすれば良いのかを考えてみるのも良いかもしれません。

退社時に謝るのを止める

職場全体の残業を減らすために最も効果的なのが、付き合い残業を減らすということではないでしょうか。

自分の今日の仕事は終わったけれど、他に仕事をしている人がいるから帰りにくいという雰囲気はどこの職場でもあるかもしれません

まずはこの雰囲気を変えてみましょう。

そのために実践してみていただきたいのが帰る間際の「すみません」という挨拶を止めるということです。

定時に帰る際「すみません、お先に失礼します」などと挨拶している人も多いのではないでしょうか。

他にも「今日は用事があるので」など一言周囲に弁解するような人もいるでしょう。

会社を出る際の「すみません」を止めて、仕事が終わったら帰るのは当たり前という雰囲気にするのです。

職場やチームとして「退社時のすみません」は止めるというルールを作ってみてはいかがでしょうか。

朝のうちにヘルプを出す仕組みづくり

自分の仕事は終わっても、他に締め切りが近い仕事を持っている人がいると手伝わざるをえないという場合もあるでしょう。

特に帰ろうと思ったタイミングで、締め切りが翌日の仕事がある事を部下から報告された場合などは、一緒に残業をして仕事を終わらせるしかありません。

あなたは思うでしょう「どうしてもっと早く言ってくれなかったのだろう」と。

このような不幸な残業を防ぐためにも、できるだけ朝にコミュニケーションを取るようにしましょう。

チーム内で締め切りが近くて困っている人がいないかを、朝の段階で察知できる仕組みを作るのです。

そして、締め切りが近くて苦しんでいる同僚がいる場合は、あなたはもちろんですがチーム全体でサポートをするようにしましょう。

一日あれば各々が時間をやりくりしてサポートすることも容易となるでしょう。

残業をしないで成果を出す

残業をしたからといって成果が出るというものではありません。

しかし、毎日定時に会社を出ているチームが成果を残していないと、色々と言われることがあるかもしれません。

残業をせずに成果を出すという目標をチーム全体で立ててみてはいかがでしょうか。

チーム全体で成果さえ出していれば、誰にも文句を言われずに定時帰ることができるでしょう。

職場から残業を無くすことは簡単なことではありません。

しかし個々人にとっても会社にとっても、残業がなくなることで発生するメリットは少なくはないはずです。

経験、スキルを十分に兼ね備えた40代こそが、その旗振り役に最も適しているのではないでしょうか。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る