本当に転職するかは別にして、転職活動してみるメリットは?


転職は35歳限界説などといった言葉があり、アラフォーに差し掛かると転職は難しいというのが一般的な考え方でした。

しかし、最近は35歳を超えて、40歳になっても転職するような人達が増えてきています。転職35歳限界説も崩壊しつつあるのかもしれません。

アラフォー世代にも可能性が出てきたと言えるこの転職ですが、実際に転職するかどうかは別にしても、転職活動を行うことで得られるメリットがあります。

自分の市場価値を冷静に判断できる

転職エージェントに登録すると、幾つかのオファーが届きます。そのオファーの内容を見ると、想定される年収などが記載されていることでしょう。

驚くほどに低いこともありますし、逆に真剣に転職を考えてしまうような好待遇の場合もあるのではないでしょうか。

そこに記載されている待遇が、転職市場における自分の評価となるのです。

オファーされる待遇が現状よりも低いものばかりだというような場合は、現状のあなたは恵まれているのかもしれません。

もっと努力をして待遇にあった仕事で会社に貢献しようと思うかもしれません。

逆にオファーの殆どが現状よりも好待遇といったような場合は、自分がしっかりと仕事をしているという証だと受け取ることもできます。

このままの市場価値をキープしながら仕事を続けようと意欲を燃やすきっかけとなるのではないでしょうか。

他の会社を知ることができる


電卓と虫眼鏡

転職活動を行うと、自然と興味のある会社について知識を深めるようになります。

ネットで情報を仕入れたり、知人に聞いたりと、その会社で働くことのメリットやデメリットについて色々と調査するのではないでしょうか。

中には「こんなに素晴らしい組織や制度なのか」と感嘆してしまようなこともあるでしょう。

実際に求人に応募するかは別として、このように情報を収集していくと、現状の自分や自分が所属する組織に対して、転職活動で知った素晴らしい取り組みをフィードバックすることができるようになるのではないでしょうか。

同じ組織にずっといると、どうしても現状を変えることが面倒になります。他の会社を知らないため、今のやり方が一番と考えるようにもなりがちです。

転職活動をする中で知る、他の会社の情報という刺激は、あなたやあなたの組織を活性化することに繋がるのではないでしょうか。

実際に転職をする気はあまりなくても、常に転職活動を続けるということはあなたの仕事にきっとプラスの効果を与えてくれるでしょう。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る