「これだからオトコって…」 私、カレのこういうところに腹立ってます


気持ちが通じ合って結ばれた妻や恋人。時にはケンカもするでしょうし、それを乗り越えて絆が深まっていくこともまた幸せなことです。

けれども彼女たちが「これだからオトコって…」とイライラするポイントがあります

もちろん欠点があるのはお互い様ですが、それを承知の上の彼女たちは、オトコのどういうところに腹を立てているのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

連絡してこない


用事があってメールをしたのに返ってこない、そんな時彼女は「仕事が忙しいのは分かるのよ、私もそうだから」と思っています

けれども「いくら忙しいといってもトイレとか一服するとかの時間ぐらいあるでしょう。その時にメールの一通くらい送れないの?」というのが彼女の言い分です。電話ならともかく、メールすら送れない状況を女性は理解できません。

女性は一度に複数のことをする能力に長けている傾向にあります。いわゆるマルチタスクが得意ですので、仕事や家事や私用など、同時に上手にこなすことができます。それゆえ、いくらあなたが忙しいとしても「なぜ連絡ができないのか」を理解できないのです。

くだらない隠し事をする


「最近、こそこそとスマホばかり触っている。もしかして浮気?」と思っていたら、実はゲームだったということに彼女は安心と同時に怒りを覚えます。

ゲームが悪いのではありません。重大な隠し事もしてほしくない(そもそも隠さなければならないことはしてほしくない)のですが、くだらない隠し事をされると「子どもかよ…」と女性はイライラします

ちなみに、最近よく聞く「ゲームの課金」。隠しているつもりでも、なぜか結構ばれているようです。

一度に一つのことしかできない


前述したように女性はマルチタスクが得意です。

家で料理をする時は調理しながら洗い物をする、仕事のことを考えながらあなたと会話を楽しむ、例を挙げればきりがないほど、マルチタスクは彼女の日常です。

あなたはどうでしょうか。料理が終わったとき、そこには山のような洗い物が残っていませんか。

仕事のことを考えだしたら、目の前にいる彼女の存在がまるでないもののようになっていませんか。一度に一つのことしかできないことよりもその自覚がないことに彼女は怒っているかもしれません

まとめ

男性と女性では脳の使い方が違うと言われています。彼女もそのことを知らないわけではないでしょう。上に挙げた3つは男性と女性の違いをよく表しています。

違うことがいけないのではありません。大切なのは、違うということを認め合うこと、そして自分の欠点を自覚することです。謙虚な気持ちは必ず彼女に伝わります。


この記事の著者

凛子

凛子

「プライベートがうまくいってこその仕事の成功」がモットー。輝く男性を支える女性の目線で、お役に立てる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る