独身アラフォーに送る 「あなたが結婚できない理由」はここにある


いまや日本男性の4人に1人は独身と言われており、国勢調査によると、35歳を超えてから男性が結婚できる確率は3%、40歳を超えると0.4%しかないそうです

なぜここまで低いのか、様々な理由が考えられると思いますが、アラフォーで独身であっても、まだ結婚を諦めていない方には是非、以下の情報を参考にしていただきたいと思います。それはなぜあなたが今なお独身なのか、ということです。

理由1:結婚に対する意識が低い


アラフォーになるまで結婚しなかった人には20代、30代と結婚を望んでこなかった方々がおられます。そのため、アラフォーになってお金もステータスもあり、イケメンであるにもかかわらず、結婚していないという方を時々お見かけします。

芸能人では、つい最近まで独身だった福山雅治や阿部寛を思い浮かべると良いかもしれません。

このタイプの方々はプライベートも仕事も充実しているため、結婚して女性と人生を歩み始めることを考える暇もなく、その必要も感じてこなかった人たちです。

理由2:自分を分かっていない


では、結婚したいのに、アラフォーになるまで結婚できなった人たちにはどんな共通点があるのでしょうか?

ズバリ言うと「自分が何者かを分かっていない」ということです。

人によっては学生時代の少し「モテた」思い出を引きずり続けて、社会人になっても「女性が寄ってくる」と勘違いしています。中学生、高校生の頃の恋愛と結婚を前提にした付き合いは全く異なるにもかかわらず、ロマンチックな考えを捨てきれないのです。

そのため、婚活をしたり、合コンにいったりして出会いを求めることをしなかったため、ずっと機会を逃してきたはずです。そして、20代の頃は周りからも声がかかったかもしれませんが、アラフォーになり、周りからも相手にされなくなり、出会いはほとんど皆無になります。

それでも今なお「家事ができて、料理ができる家庭的な女性」を「指をくわえて」待っています。しかも、年を重ねるにつれて、柔軟性を失っていきますから、仮に女性との出会いがあっても、良く知る前に相手のことを決めつけてしまって、それから先に進めません。

対策:ロマンチックな思いを捨てて、現実に徹する


アラフォーになるまで結婚できなかった方は、上のいずれかに該当するはずです。生涯未婚の方が気楽、という方はそれで良いのですが、まだ結婚を諦めきれない方は、結婚に対する見方をより現実的なものにする必要があります

アラフォーが女性に与えることができるもの、20代や30代の男性にはないアピールポイント、それは何でしょうか?それは安心感です。年齢的な経験もそうですが、もっとも大きいのは経済的な安定性です。

「相手がお金目的で寄ってきたら嫌だ」なんて甘っちょろいことを言っていてはダメです。より多くのモノを与え、安心感を与えることができる男性を女性は魅力的に感じます。

ですから、ロマンチックな考えは捨て、お金と経験を前面に出しましょう。確率は決して高くはありませんが、出会いをつかみとってください。もう「出会いを待つ」年齢ではありませんよ。


この記事の著者

木下 まさひろ

木下 まさひろ

学習塾、法律事務所勤務を経て、現在は海外在住。『Festina lente(ゆっくり急げ)』を座右の銘に真のスローライフを実現すべく奮闘中 。毎朝の野菜ジュースと週3回のジムは欠かさない。40代前半。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る