ファッションが変わると自信が持てる おしゃれになる4つの方法で自身がモテる


最近はおしゃれなアラフォー男性をよく目にします。さらにアラフォーより年上世代でも、ちょい悪オヤジなどと言われるおしゃれな人が出現してきています。

おしゃれに気を遣う人は若くみえるし、女性受けも良くなります

では、おしゃれに無頓着な人がおしゃれを取り入れていくには、どのようにすれば良いのでしょうか。

1. 似合う服を着る

おしゃれをすると言っても、流行を追うことではありません。10代や20代前半の若者ならそれでもいいのですが、大人になったらやはり似合うものを着ることがおしゃれへの第一歩です。具体例を挙げて説明します。

ユニクロのマネキンが着ていたコーディネートを気に入り、まったく同じポロシャツと短パンを買ってきたアラフォー男性がいました。

筋骨隆々のマネキン君が着るとおしゃれだったボーダーポロシャツも、小太りアラフォーさんが着ると某宅配業者にしか見えません。また脚長マネキン君が颯爽と着こなす短パンも、短足アラフォーさんだと幼稚園児のようでした。

マネキンを見て参考にするところまでは間違っていないのですが、一旦自分に置き換えてみることが大切です。また可能なら試着することをオススメします。

このアラフォー男性の場合だとお腹がぽっこりしているのを気にしていたので、ポロシャツを黒や紺の無地にすればスリムに見えます。また、短パンはアラフォー以上の世代には難易度の高いアイテムです。ご近所着としてならともかく、外出着にはもっと丈の長いパンツが無難です。

2. アドバイスを受ける

ファッションセンスに自信がない人は、誰かにお買い物に付き合ってもらってアドバイスをもらいましょう。

オススメは彼女や妹や女友達など、自分と年の近い女性です。似合う似合わないをハッキリ言ってくれたほうがいいので、Noを言えない店員さんのアドバイスではダメなのです。

3. 靴で印象が決まる

靴はその人を象徴すると言っても過言ではありません。種類はスニーカーでも革靴でも何でも構いませんが、靴を見ればその人の姿勢が分かります。

想像してみて下さい…

かっこいいスーツでキメているけどボロボロの革靴を履いている男性と、安物の着古した服装だけど靴はキレイなスニーカーの男性。

靴がキレイな男性のほうがちゃんとしている印象がありませんか。スーツをカッコよく着こなしたのに締めに汚い靴を履くと言うのは、何とも気合いに欠けますし、スーツの良さを台無しにしてしまいます。

オシャレに精通している人は「オシャレは足元から」と言います。何から買えばいいか分からない人は、まずは靴を新調するのがオススメです。

4. 下着も気を付けて

特に女性とそういう雰囲気になりそうなときには、下着は新品もしくはキレイなものを着用しましょう。男性はパンツに穴が開いていても気付かずに履き続けるという無頓着なところがあります。

初めての夜は言うまでもなく、何度目かのデートでもそういうパンツに遭遇した日には100年の恋も醒めます。下着チェックは怠らないようにしましょう。

ファッションが変わると自分に自信が持てるようになってきます。姿勢が良くなったりして見た目も変わってきます。楽しい人生を過ごすために、できることからちょっとずつ始めていきましょう。


この記事の著者

山内 奈桜

山内 奈桜

結婚紹介所で働いていると言うと必ず突っ込まれるバツ2の30代です。結婚生活が長く続く秘訣はわかりませんが、恋人を見つけるハンター能力はあるかもしれません。中型犬と暮らしてます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る