「イラッ」としたら試したい。感情を爆発させない3つの方法

LINEで送る
[`evernote` not found]

職場や家庭で、カッとなって怒ってしまったけれど、後々考えてみると怒ってしまって後悔したなと思った経験が多くの人にはあるのではないでしょうか。

多少怒る程度であればやむを得ないでしょうが、感情が爆発してしまうような怒り方をしてしまうようであれば、少し気をつけた方が良いかもしれません。

感情が爆発した状態で暴言を吐いてしまうと、職場の雰囲気は悪くなり、場合によってはパワハラと見なされてしまう可能性もあります。

何より感情を爆発させて怒ってしまった事に、自分自身が激しく後悔してしまいます。

1. 6秒間我慢をする

怒りの感情は6秒でピークに達して、その後は落ち着いてくると言われています。

ですからこの6秒を凌ぐ事ができれば、感情を爆発させずに済む可能性も高くなります。

イラッとしたらまず6秒数える、深呼吸をするなどしてみると良いでしょう。

心の中で好きな歌のワンフレーズを口ずさんでみるという方法なども良いかもしれません。

6秒をやり過ごす自分なりの方法を見つけておくと良いのではないでしょうか。

2. その場を離れる

6秒をしのぐという方法に少し似ていますが、怒りの対象から物理的な距離を置いて、怒りを鎮めるという方法もあります。

職場で怒ってしまいそうな時は、トイレに行って少し冷静さを取り戻してはどうでしょうか。

夫婦喧嘩の場合は、先に寝室に入って寝てしまいましょう。

少し睡眠をとってみると、先程までの怒りは大分収まっているのではないでしょうか。

3. 怒りの原因を先回りして排除する

会社の部下や家族など、特定の人に対して怒ってしまう事が多いという場合は、自分が怒ってしまう理由を事前に説明し、あなたの怒りに繋がるような行動をやめてもらうという方法もあります。

ただ怒っている最中にこれらを説明しだすと、余計に腹が立ってしまう可能性があります

できるだけ冷静な状態の時に相手にお願いしてみましょう。

「◯◯みたいな言い方をされてしまうと、ついカッとなって怒ってしまうから、できるだけ控えて欲しいんだよね」

言い難いかもしれませんが、怒る方、怒られる方、双方にとってメリットがあるはずです。

立場が上なら、怒鳴り散らして言いたいこと言っても許されるような時代ではありません

アンガーマネジメントという怒りをコントロールするスキルを研修などで導入している会社もあります。

感情を爆発させて怒ってしまい、職場や家庭の雰囲気を悪くすることがないよう気をつけたいものですね。

LINEで送る
[`evernote` not found]

この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る