女性だって「名前を付けて保存」しています 彼女の元カレ事情


あなたは妻や恋人の「元カレ」を気にしたことがありますか?

気にならないわけではないけれど、過去のことだし……と思うでしょうか。確かに彼女は、元カレのことなどさっさと忘れているように見えるでしょう。

けれども、実は元カレの記憶を取り出すことなど簡単にできるのです。なぜならあなたの知らないところに「ファイル」が存在しているからです。

「上書き保存」と「名前を付けて保存」の意味


一般に、男性は元恋人を「名前を付けて保存する」と言われています。何人かの過去の恋人たちの存在や記憶をそれぞれ一つずつのファイルにして保存しておくという意味です。

どの元恋人もあなたを好きだったころのまま新鮮に保たれています。日付順(付き合った順)に並べ、そのファイルを鑑賞して美しい思い出にニヤニヤすることもあるかもしれません。

そしてこのファイルの最大の特徴は「どのファイル(元恋人)も、今でも自分のことを好き」と思わせてくれるところです。

何せ一つ一つが丁寧にファイルされているため、色あせることがありません。色あせるどころかどんどん美化されていきます。もちろん現実にはそんなことはないと分かっているため、敢えてその甘い記憶を壊すような行動はせず、頭の中で妄想するだけで済ませていることでしょう。

一方、女性は「上書き保存する」と言われています。

歴代の元カレにとっては寂しい話かもしれませんが、新しい恋人ができた瞬間から元カレの存在や記憶が薄れ、新しい恋人によってファイルは塗り替えられていきます。ですから、今の夫や彼が元カレのことを気にしていても「そんなこと気にしなくてもいいのに」というのは嘘ではありません。

そのためここで「安心してね」と言いたいところですが、女心というものはそんなに単純ではありません。実は別のフォルダに「名前を付けて保存」された歴代元カレのファイルが存在するのです

オンナにとって元カレとは


「名前を付けて保存」されている元カレというのは当然ですが別れた恋人のことですので、いつまでも気持ちが残っているというわけではありません。

ただ、「元カノは今でも俺のことが好き」と妄想で満足する男性と違い、女性は「好き」の証拠を見たい生き物です。もしあなたが(悪気はなくても)彼女に寂しい思いをさせた時、男性に愛されているという証拠を元カレに求めることもあるのです

別れたとはいえ気心の知れた間柄、表面上だけかもしれませんが、心身を重ね合わせることは難しいことではありません。つまり場合によっては、名前を付けて保存されたファイルを開いて使うこともあるのです。いえ、開いて使うためにファイルに名前を付けて保存しているといったほうが正しいでしょう。

まとめ

彼女に「好きって言って」とせがまれたことはないでしょうか。先に述べたように女性は気持ちを形にして見せてほしいと思っています。言わなくても分かってほしいという男性側の言い分も分かりますが、ここはぜひ女性の望みに応えてあげて下さい。彼女を想う気持ちがあるならば、ぜひ行動で示してあげて下さいね。


この記事の著者

凛子

凛子

「プライベートがうまくいってこその仕事の成功」がモットー。輝く男性を支える女性の目線で、お役に立てる情報を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る