これからの必須スキル 我が子にプログラミングを教えた方が良い理由


子供の習い事と言えば、英語やピアノ、水泳が人気なのは長い間変わりはありませんが、最近注目されだした習い事があります。プログラミングです。

確かに、幼少期から子供にプログラミングを教えた方が良いという話はたまに聞きますが、それは何故なのでしょうか。

論理的思考が身につく


近年、ビジネスの世界では論理的思考、ロジカルシンキングという言葉が頻繁に使われています。物事を論理的に考える力をつけるということの必要性が高まっているのでしょう。

プログラミングはこの論理的思考の強化に役立つと言われています。

プログラムの世界では、論理が破綻しているプログラムを書いてしまうと、そのプログラムを実行してもエラーになってしまいます。

どうして自分が書いたプログラムが正しく動作しないのだろうかと、その原因を考え、その原因を取り除くということを繰り返し続けることになります。

この繰り返しが着実に子供に論理的思考を身につけることにつながるのです。

将来の仕事探しに役立つ


世の中のあらゆる物事がIT化されつつあります。

そのため、これからはプログラミングができる人材が不足するであろという予測があります。

世の中に必要とされるスキルを幼少期に身につけておくことは、子供の将来にとって大きなアドバンテージなるでしょう。

政府は2020年から、小学校でのプログラミング教育の必修化も考えています。

小学校に入った時点で、プログラミングに対しての耐性ができていれば、他の子供を一歩リードすることもできるのです。

パパも一緒に覚えることができる


プログラミングを仕事にしている人を除くと、殆どのパパ達はプログラムを書くことはできないでしょう。

ビジネスマンにとってプログラミングが大切なスキルであるという話もよく聞くようになったし、興味はある。だけど、はじめ方がさっぱりわからないという人もいるのではないでしょうか。

子供と一緒にプログラミングに触れてみましょう。もちろん、すぐに仕事で使えるような技術が学べるわけはありません。それでも、今まで未知の世界であったプログラミングが少し身近に感じられるのではないでしょうか。

子供と一緒にプログラムに触れる過程で、興味が湧いてきたのであれば、本格的にプログラムを学ぶのも良いかもしれません。

まずは少しづつ子供にプログラムの世界に触れてもらい、楽しんでいるようでしたら、本格的に教えて見るのも良いかもしれません。

プログラミングを覚えることで、子供世界はきっと広がるはずです。


この記事の著者

景山 哲司

景山 哲司

札幌在住のサラリーマンです。通信会社、菓子メーカーなど3度の転職を繰り返し今にいたります。 40代に突入し、ようやく働き方のコツがわかってきました。効率的に働くをモットーに日々奮闘しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る