仕事の合間に情報収集?パパにお勧めの育児雑誌


ママ向けには昔から育児専門誌がたくさんあります。ならば、パパ向けにもよい情報誌がないのか?と探してみたところ、素敵な雑誌が見つかりました。イクメンパパにぜひ読んで欲しい雑誌をいくつかご紹介します。

これから赤ちゃんが生まれるなら「たまひよ」


≪たまごクラブ 画像元:http://tamahiyo.jp/magazine/tamago.html≫


≪ひよこクラブ 画像元:http://tamahiyo.jp/magazine/hiyoko.html≫

最初の妊娠のときに、おそらくかなりのママが目を通すのではないかと思うのが「たまごクラブ」。出産後は「ひよこクラブ」という別冊があります。はじめての妊娠・出産について、とてもよく解説されていて、不安や疑問を取り除いてくれます。立ち会い出産や名付けのこと、沐浴の仕方やおむつの替え方など、赤ちゃん育児に必要な情報は「たまひよ」で仕入れましょう。

ナチュラルな子育て「クーヨン」


≪クーヨン 画像元:http://www.crayonhouse.co.jp/shop/g/g4910032251065/≫

オーガニックをキーワードの一つに掲げる「クーヨン」。自然体で心と体に優しい子育ての方法を紹介してきた育児雑誌の老舗です。40周年を迎えた今年、外でも手軽に読めるサイズにリニューアルされました。おすすめは絵本の紹介コーナー。マガジンハウスが発行している雑誌だけあって、素晴らしい絵本に出会うことができます。子どもの頃に読んだ懐かしい絵本に再び巡り会い、甘酸っぱい記憶に胸をときめかせることも。子どもが寝静まってから、ママと一緒にじっくり読みたい雑誌です。

ママの気持ちがわかる「edu」(現在は休刊)


≪edu 画像元:https://www.shogakukan.co.jp/magazines/series/003000≫

「エデュー」は小学生のお母さん向けの教育雑誌。付録が素晴らしく、学校の勉強でつまづきやすいところを解決するワークシートなどが付いています。「学校のことは全部ママにお任せ」となってしまうパパは、この雑誌で学校の情報を仕入れておくとよいと思います。

共働きのパパに「bizmom」


≪bizmom 画像元:http://tamahiyo.jp/magazine/bizmom/≫

ベネッセが発刊している、働くママのための季刊誌です。ワーキングマザーを取り巻く育児現場や職場環境、リアルな悩みなどを知ることができます。仕事をしながら手際よく、楽しく育児をするアイデアがたくさん紹介されているので、パパにも役に立つ情報が満載です。

おしゃれなパパに「FQジャパン」


≪FQジャパン 画像元:http://fqmagazine.jp/52657/ma40/≫

こちらは珍しい英国発の育児雑誌です。サブタイトルは「父親がもっと楽しくなる」とまさにイクメン向けの雑誌です。最新号は本木雅弘さんが表紙で「お、カッコいい!」と思わず引き付けられます。

海外の子育て事情など育児情報のほかに、パパ向けのおすすめファンションを紹介するなど、おしゃれな育児スタイルを提案しています。オンライン版もあるので、のぞいてみてはいかが?

まとめ

育児雑誌は最近また人気の兆しが出ているのだとか。赤ちゃん、子どもの育て方という育児情報的なことだけでなく、広くライフスタイルを提案する雑誌が増えてきているように思います。楽しく読んで、素敵なパパになってくださいね。


この記事の著者

花田 まゆこ

花田 まゆこ

小学生と中学生、2人の男の子のママ。無我夢中の子育て期を経て、ようやく子育ての楽しさを実感し始める。最近は先輩ママとしてアドバイスを求められることも多い。思春期にさしかかった子ども達と、これからどうやって遊ぼうかワクワク思案中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る