毎晩恒例の絵本の読み聞かせ、気持ちを込めて読んでいますか?


絵本と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

絵本と聞くと、ほとんどの人が「子供の読み物」というイメージを持つでしょう。確かに元々子供が読むことを想定して作られているので、文章も絵もお話の内容もわかりやすく書かれている本が多くあります。

しかし「絵本」というのは、子供の心の成長に大きく関係する、大変奥が深いものなのです。

現在販売されている絵本、幼稚園や保育所などで読まれている絵本の中には、親世代がまだ小さかった頃に読んでいた絵本も多数あります。

ロングセラーで名作といわれるものや、子供の読み聞かせに最適といわれるような絵本ですね。そのような絵本を子供に読んで聞かせた時に、「あれ?」と違和感を感じた事はありませんか?

絵本から感じ取るものは人によって違う

絵本は普通の書籍と違って非常に少ない言葉で書かれていますので、読む方は想像力を働かせる必要があります。この「想像力を働かせる」のが絵本の大きな魅力の1つなのです。

想像力は人によって違いますので、人によってその絵本から感じ取るものには違いが出てきます。小さい時に読んだ絵本を大人になってから読み返してみると、少し違和感を感じる事があるのはこういう理由によるものです。

同じ字面であっても、子供の頃に感じ取ったものと大人になってから感じ取るものでは違ってくるのです。

子供は絵本が大好き

子供は、親に絵本を読んでもらうのが大好きです。大人と違って、字面を追って場面を想像するのはまだ難しいので、絵を見ながら話を聞く事で子供なりの想像力を膨らませるのです。

主人公に自分を重ねて「かわいそう」、「かっこいい」、「さびしい」、「うれしい」、「頑張る」色々な感情を抱きます。もしかしたら、読んでもらう度に新しい事に「気づいて」いるかもしれません。

多くの家庭で、夜子供を寝かしつける時に絵本を読む習慣があります。子供にとっては、毎日のとても楽しみなイベントの1つなのです。

毎晩同じ絵本を読んでもらいたい子もいれば、違う絵本を希望する子もいるでしょう。どんなに疲れていても、快く感情を込めて読んであげてください

感情を込めるという事

文章を読む時に感情を込めるという事は、自分がその文章から感じ取っているものを表現するという事です。人によって感じ取るものが違えば、感情を込めて読んだ時に、抑揚や力の入る所が違ってきます。

これはパパとママでも違います。パパが読んだ時には、パパが感じ取っているものが子供に伝わりやすくなりますし、ママが読んだ時も然りです。つまり、子供に色々な事を想像したり気づいたりするきっかけを与える事になるのです。

そして、子供は人の真似をする事で様々な事を吸収します。感情を込めて読んでもらえばもらうほど、子供自身も感情を表現する力がついていきます

子供が1人で声に出して絵本を読んでいる時や、ぬいぐるみに読んで聞かせてあげている時はありませんか? 無意識のうちに、パパやママの真似をして読んでいるのです。

想像を膨らませる事や、感情を表現するという事は、生きていく上でとても大切な技術です。格好良く読む必要は無いんです。パパが感じるようにお子様に聞かせてあげる事で、ママの時とは違う事を吸収する機会を作ってあげてください。


この記事の著者

cojiro

cojiro

cojiroです。中学3年男子の父、2年前から叱る方の担当です。一人息子を溺愛する奥さんと、何度となく衝突しながら現在に至ります。ママが望むような理想のパパを目指すと疲れます。頑張り過ぎずにパパを楽しめるうちに目一杯楽しみましょう

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る