ママに代わりはいないけれど、パパにだって代わりはいない


ママという存在


ママは約10か月もの間、自身のお腹の中で子供を育てます。妊娠した時から、ママの子育ては始まっているのです。

外に出てきても大丈夫な体になるまで、自らの体を削ってお腹の子に栄養を与え、ゆっくり時間をかけて育みます。出産時には、「生まれた」という気持ちよりも、「やっと会えた」という気持ちが強いママも多いようです

子供という存在を世に送り出す、ママにしかできない事です。もちろん、子供にとってママは世界でただ1人の存在。そんなママに対して、パパは劣等感のような感情を少なからず抱くもの。

妊娠・出産において男にできる事は本当に少ない

妊娠中のママに何もしてあげられない無力感。何か、1人蚊帳の外にいるような感覚ですよね。それはそうですよ。男に生まれた以上、一生代わる事はできないですから。

出産の時もそうです。陣痛で苦しんでいて腰をさすって欲しいと言われても、ママが楽になるようなさすり方はなかなかできないものです。助産師さんの方がやっぱり格段に上手で、1番大切な人の何の役にも立てない事に少なからずショックを受けるものです。どこのパパもそうなんですよ

それでも子供にとって、あなたは世界でたった1人のパパ


自分はパパの資格があるのだろうか? 誰もがぶつかる壁です。

そもそも、パパになるのに資格など無いのです。自分がパパであるという強い自覚を持つ事、そこから全てが始まります

ママと比べると、パパは自分が父親になった事を自覚する時期が少し遅いのも事実です。産まれてきて「はじめまして」ですから。お腹の中で育てていたママと違いがあるのは当たり前。だから、まずはパパである事を自覚する事から始めましょう。

ママの出産という大きなイベントに臨み、ママと子供の強い絆を目の当たりにして、自分の入る余地があるのだろうかなどと考えないでください。奥様が子供にとって世界でたった1人のママであるように、あなたもまた子供にとって世界でたった1人のパパなんです。

「パパ」の正解なんてない


パパとして、子供に対してどう接していいかわからない。でも、これには正解が無いんです。だから、あなたの気持ちのままに接する事が1番

「父親としてこの子にはこう育ってほしい」とあなたが心から思う事で自然とそういう接し方になりますし、その気持ちが「父親の自覚」なのではないでしょうか。

決してママの真似をする必要はありません。ママはママ、パパはパパ。役割が違うんです。そして、「うまくこなす」必要もないんです。下手くそで結構。子供が大きくなったら話せる笑い話をいっぱい作っていきましょう。

パパだからできる事。子供との遊びに関しても、家事に関しても、ママができないような事をしてあげてください。力技でもよし、細かい作業でも良し。それがパパという存在だと思います。


この記事の著者

cojiro

cojiro

cojiroです。中学3年男子の父、2年前から叱る方の担当です。一人息子を溺愛する奥さんと、何度となく衝突しながら現在に至ります。ママが望むような理想のパパを目指すと疲れます。頑張り過ぎずにパパを楽しめるうちに目一杯楽しみましょう

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る