ベビーグッズを買い揃えた先輩パパ&ママが今思う 「レンタルにすれば良かった…」と


買い揃えた結果、後悔することも

誰しも初めて親になる時には、いろいろなものを新規購入しようと考えるものです。しかし、それは後々かなりの後悔があなたを襲ってきます。

アパート暮らしで部屋数もなく物を置くスペースに限りがある。マンションの中高層階に暮らしている。戸建てだが玄関の間口が狭い。

このような場合、全てを買い揃える前に一度立ち止まってみて下さい。

大物に当たる「ベビーベッド」、「ベビーバス」この2つに絞ってご説明致します。

ケース1:アパート


ベビー用品で一番の大物「ベビーベッド」はアパートには不向きです。既に自分達のベッドが入っている中にベビーベッドが更に追加されることで、絶対的スペースが1畳分なくなります。

夜間の授乳などで2時間置きに抱き上げているうちに、ベッドは共用してしまうようになるでしょう

ベビーバスも、アパートの2~2.5畳のシステムバスですと置き場にも困りますが、何より狭すぎて入浴させる際に自分の身体が浴室内に入れない。入れても今度は浴槽が邪魔で、赤ちゃんを沐浴させるのにかなり困難になります。

ケース2:中高層マンション


アパートに比べると部屋数も浴室も広さに余裕が出来ます。しかし、何より設置と使わなくなってから困るのがこのマンションです。

設置は宅配業者によっては請け負ってくれるかも知れませんが、自分で買ってきてしまった場合は全て自分です。使用中もその後も同じ場所にあれば、ベビーベッドの重みでフローリングが沈んでしまうのも問題の一つです。

ベビーバスは使いやすくなるものの、収納する際にはベランダを占拠してしまう厄介者となる恐れ大です。

ケース3:玄関間口が狭い


建坪15~20坪程度の戸建の場合、玄関扉が片開きのみの設置が殆どでしょう。バラした状態で室内に持ち込むにしても、その重さ故に意外と家を傷つけてしまうことがあります。

壁紙なんてすぐに捲れてしまうでしょうし、下駄箱をひっくり返すなんて失敗もあります

ベビーバスに関しては、集合住宅と違い不便さは感じないでしょう。しかし、やはり大物はその後の行き場が無いのは事実です。

買うならレンタル


実はこのような失敗は多いです。

我が子のために出来るだけ新品を買い与えてあげたい。良い心掛けだと思います。

しかし、相手は確実に大きくなるのです。

3kg程度の人間が10~15kgになるまでにそう時間がかかるものではありません。3年後には間違いなく使わなくなるシロモノなのです

現在ベビーグッズは、哺乳瓶に至るまでレンタルが可能になっています。正直何一つ買わずにレンタルでも困らないでしょう。レンタルだからといって中古ばかりな訳ではありません。価格差が少しあるだけで最新の物を新品でレンタルも出来ます。

必要最低限な物は揃えたいと考えるのであれば、それ以外のもの、特に大物などはレンタルを考えてみるのも一つです。なぜなら、設置から回収、配置換えに至るまでレンタル業者が請け負ってくれるからです。

家財へのアクシデントでさえしっかりと保証してくれるベビーグッズレンタルは、この先の皆様のくらしを支えてくれる強い味方です。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る