帰宅後、「ママの愚痴」にコンサルばりに解決策をアドバイス…これ絶対にやっちゃダメ!


疲れて家に帰って来たら、ママの愚痴をマシンガンのように浴びせられたことはありませんか?

そんな時、パパが何とか解決してあげようと、解決策を提案したりアドバイスしたりして自分なりの考えを、ママに伝えますよね? 優しいパパさんほど、そんな状況に陥ってしまいます。

しかし、その提案やアドバイスは虚しく、ママは不機嫌なまま! そんな時パパはいったいどうすればいいのか対処法をご紹介します。

ママの愚痴の理由&メカニズム


慣れない育児に不安を抱えながらも、家事も頑張るママ!出産の疲れも回復することなく、睡眠不足と慣れない育児と戦って、心も体も疲れ果てているのです。

赤ちゃんの成長とともに新しい悩みが現れ、慣れた頃にはまた新しい悩みが現れて、不安や疲れで気持ちが張り詰めた状態になっています。

そこに、パパが帰って来ると誰にも話したり出来なかったことも安心してパパに話せるので、ついついいろいろな愚痴がこぼれてしまうのです。

ただ、パパに聞いて欲しいだけなのです

愚痴は、ママにとっては、明日も頑張るためのデトックスなのです。慣れない育児に奮闘中のママを、パパの大きな心で受け止めてあげて下さい。

ママへのアドバイスはご法度


特に育児に関するアドバイスや意見はご法度です。どんなにパパが的確で良いアドバイスを伝えていたとしても、疲れ果てたママには届かないのです。

パパが「~した方がいいんじゃない?」と言ってくれていても、ママが欲しいのはアドバイスや解決策ではありません。だいたいの場合は、ただママの話を聞いて欲しいだけなのです。

パパがアドバイスをします → ママは「パパに何がわかるの!」と怒ります → パパは何か力になりたくて、解決策を言っただけなのに、なぜ怒られなければならない! → ママは「もういい!パパにはわかんないでしょ!」 → パパは「何だよその態度」せっかく問題を解決するために言ってるのに! → ケンカが成立です。

夫婦喧嘩

特に一人目のお子さんの時には、この状況に陥ってしまうことが、皆さん多いみたいです。

どちらも悪くは無いのですが、雰囲気は最悪に悪いですよね? 男女の性質の差から起きてしまうケンカです。このケンカを事前に防げるのは、冷静にママを受け止めてあげられるパパだけです

聞き手に回り、共感してあげましょう


だいたいのママさんの場合は解決策をパパから聞きたいわけではありません。ただ、パパに話を聞いて欲しいだけなのです。

もともと、女の人はよくしゃべる生き物です。取り留めの無い、何の脈絡もないただのおしゃべりでもママにはストレス解消になっているのです。

アドバイスや解決策よりも、「そうなんだ~」、「大変だったね」の方が、何倍も嬉しいのです

そして、何気ないママのおしゃべりの中に、昼間のお子さんの様子やお子さんの身の回りの情報が、組み込まれています

「今日○○がこんなことをして大変だったのよ!」なんて、ママの愚痴にもお子さんの成長の証があるのです。ママの話を聞いてあげましょう。これも夫婦のコミュニケーションです。

今後の夫婦関係にも大きく影響してきますので、しっかりと聞き手に回って、ママの話を聞いてあげましょう。

まとめ

女の人特有のおしゃべり体質を知って、パパは賢くママをサポートしてあげて下さいね。

ママの愚痴も毎日のパパのデトックス効果で少しずつ減ってくるかもしれませんよ★パパはママの明日への活力ですから、ママが明日も頑張れるように、ママの愚痴を解決せずに、聞いてあげてくださいね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る