プレパパこそ、妻は積極的に「妊娠」・「出産」に関わって欲しいと思っています。 でも具体的にどうしたらいいの?


お腹に新しい命が宿り、10か月もの時間をかけて育んでいき、やがて赤ちゃんが産まれる…

妊娠・出産は本当に尊く幸せなことであり、長く続く夫婦生活の中でも最も大きな出来事のひとつでしょう。

そんな幸せいっぱいの妊娠から出産までの間に、プレパパに意識してもらいたいことがあります。すでにプレパパの方も、ベビーを待っている段階のプレプレパパの方も、ぜひ心に留めておいてほしいと思います。

自然に親になるママと比べて、パパは…?

女性には母性がありますが、妊娠がわかった時点で突然「ママ」になれるわけではありません。自分自身の体の変化に戸惑いながら、少しずつ母性は花開いていくものなのです。

一般的に「親としての自覚」が芽生えるのがママに比べてパパは遅いと言われています

10か月間を文字通りに一心同体で過ごし、生まれてからも濃密な時間をずっと共にするママとの間に、違いが生まれるのは仕方のないことでしょう。女性と同じように感じてほしい、というのは難しいですよね。

二人の子どもが生まれてくる!とはいえ、女性と違って男性の体には何の変化もありません。ですから、今ひとつ「もうすぐ父親になる」という感覚がピンとこない男性も多いのです。

それでも、やっぱり妻の願いは

「夫が共に親となっていく姿を見たい」

ということ。

同じスピードでなくてもいい、不器用でもいい。それでも共に考え、共に悩み、共に赤ちゃんの誕生を心待ちにしたいと思っているはずなのです。

一緒に考えて、楽しみにしてほしい。プレパパこそ積極的に関わって

そんなことを言われても、「具体的にどうしたらいいの?」 と迷った時は、妻の言葉や行動をよく観察してみましょう。

「健診へ来て、一緒にエコーを見てほしい」
「プレパパ・プレママの集まりに夫婦で参加したい」

きっと、そんな気持ちが言動の端々に見て取れるはずです。

パパにとっては、もしかしたら少し面倒に感じられるときもあるかもしれません。照れくさいと感じる場面もあるかもしれませんね。

でも、そうして自分の気持ちや生まれてくる子どもの存在に寄り添ってくれる夫の態度に、妻はきっと深い愛情を感じるでしょう。

妊娠から出産後しばらくは、妻の心は赤ちゃんへ向いてしまいます

男性にとっては寂しく感じるかもしれませんが、この期間に一緒になって夫が子どものことを考えてくれると、妻からの評価はグンと上がりますよ。

逆にここで妻や子のことをないがしろにしてしまうと、後々までずっとしこりが残ってしまう可能性もあります。そんなことは絶対に避けたいですよね。

「子どもが生まれるといっても、ピンとこないよ」と距離を置くのではなく、ぜひ積極的に関わってください。それはその後に続く妻との関係、子どもとの関係に必ず良い影響を与えてくれますよ。


この記事の著者

七尾 なお

七尾 なお

仙台在住のママライター。夫、息子、娘の4人家族です。家事も育児も手を抜き息を抜き、ゆるーく毎日やっています。世の中のパパとママがもっと仲良くなれますように!という想いをこめて、記事をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る