あなたの奥様は「働き」ママ? 「専業」ママ? パパの関わり方も変わってきます。


昔、職場で

「働いてるのは一緒なのに、旦那が家事を何もやらないの! これじゃ旦那なんかいない方がよっぽど楽だよ!」

そんな会話を耳にしました。

働いているママと専業ママへのパパの育児や家事への関わり方が一緒なはずありませんよね? パパの関わり方を考えてみましょう。

専業ママ家庭

基本家事や育児をママが担当します。パパは経済面を担当していることになります。

もちろん育児も家事もパパが、手伝ってくれる事がベストですが、働きに出ていない分、時間に余裕があり家事や育児のほとんどをママが担当できます

この時にパパが気をつけなければいけないのが、「俺が食わせてやっている!」や「養ってやっている」と思っていても口に出すのはやめましょう

そんなことを言い出したら、ママだって洗濯や掃除、食事の支度をするのにお金を要求してきますよ! パパの身の回りのこともやってくれているので、そのことも忘れないようにしましょう。

ママは子供のお世話に専念できるこの状況を有難く思っていますので、心配しないで下さい。ちゃんとパパに感謝しています。

ママの手作りの夕飯を食べていちいち「今日も夕飯を作ってくれてありがとう」なんて言わないのと同じです。専業ママでも、パパのお手伝いはとても有難いです。

家事や育児にお休みは無いので、たまにはママに休暇をあげるのも、素敵なパパの役目かもしれませんね

働きママ家庭

ママの働き方によっても、パパの家事や育児の役割分担がかなり違ってきます。

ママは短い時間のパートなのか? フルタイムの正社員なのか? でも違ってきます。どちらにせよ、専業ママより時間が限られてしまっていることに違いはありません

もしパパさんが家事や育児の協力を何もしていないのだとしたら、冷たいようですがママにとってパパは何のメリットもないうえに、仕事を増やす厄介な人になってしまいます。

最初はそれでよかったのかも知れませんが、長い間に愚痴や不満が溜まってしまいます。パパさんも自分が出来る得意分野でお手伝いすることをオススメします

朝出勤時にゴミを出すとか、ひとつでもママの負担を減らしてあげましょう。

専業ママ家庭よりも、時間はありませんが、二人で働いている分お金がありますので、食洗器や乾燥機、自動お掃除ロボットを購入するなど、家事の負担を減らしてくれる便利なものを購入するのもオススメです

お互い何を分担するのかママとよく話し合い、積極的に家事や育児に参加し、それぞれの役割をしっかりと果たしましょう。

まとめ

働きママでも、専業ママでもパパの協力があるのはとても嬉しいことです。ママひとりの子育てではなく、二人で協力しあい一緒に歩んでいくその姿勢が大切です。

疲れているのはお互い様!どれだけお互いを労わりあえるかが、今後の夫婦関係を左右します。それぞれの夫婦のカタチを見つけて下さいね

子育てを経て、いつか二人になった時にも仲の良いおじいちゃんとおばあちゃんになれるようにしたいですね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る