パパも育休を取ると、ママだけより2ヶ月長く取得できる! 「パパ・ママ育休プラス制度」の要件と注意点


育児休業を取る男性が増えてきました。ママとパパと一緒に取る場合、ママだけで取得するよりも長く取得できることを知っていますか?

パパの育休については改正もいろいろ行なわれているので合わせて確認してみましょう。

パパの育休、今はこうなっている


パパの育児休業の取り方についてはいろいろ改正がありましたので、おさらいしておきましょう。

・パパは1年間育休が取れる
・ママが専業主婦でも、パパは育休が取れる
・申請すれば、会社は育休取得を拒めない
・取得できるのは子供1人あたり1回
・2回に分けて取得できる
(出産後8週間以内にパパが育休を取った場合。1歳2ヶ月まで、合算して1年まで)

育児休業給付金は1年間支給される


育児休業給付金は、育児休業期間に対して国からもらえるお金です。お金のことを心配せずに育児休業を取れるよう国が経済的支援してくれる制度で、1年間給付が受けられます。(詳細な条件は厚生労働省HP(pdf)もしくは各都道府県で確認してください)

パパ・ママ育休プラス制度


この制度をごく簡単にいうと、原則1歳までしか取れない育休を1歳2ヶ月まで取れる制度です。要件は、パパとママの両方が育休を取ることです。

ママは原則として産後休業8週間と育児休業1年間が取れ、パパも育児休業が1年間取れます。この原則に、パパが一定の日にママとは時期をずらして育休を取る場合に育休期間が2ヶ月間延長できる制度が「パパママ育休プラス」です。

具体的には、次の要件を満たす場合に、この特例が適用されます。

1.ママの育休開始日以降に、パパが育休を開始すること
2.パパの育休業開始日が、子供の誕生日もしくはそれ以前であること

つまり、こうなります。

■育休期間は原則子どもが1歳になるまでママ1年間、パパ1年間取れる。

■パパが子どもの1歳の誕生日までに、ママの育休開始よりも後に育休を取れば、子どもが1歳2ヶ月になるまで、パパもしくはママが育休を取れる。ママも取れるが育休はトータルで1年までしか取れないので、いったん復職することが必要になる

■夫婦で育休を取っても、ママがパパより後に育休を取っていたら「パパ・ママ育休プラス」は適用されず、原則通り1歳までしか育休を取れない

育児休業給付金は、1年2ヶ月のうちの1年間だけ支給される

まとめ


たった2ヶ月だけ? と思うかもしれませんが、一番大変な赤ちゃん時代にパパかママが2ヶ月休めるのはとてもありがたいもの。今後の育児体制などを夫婦で試すにも良い期間であるといえます。

国が男性の育休取得を促すために工夫して作った制度です。ぜひ上手く活用しましょう。


この記事の著者

花田 まゆこ

花田 まゆこ

小学生と中学生、2人の男の子のママ。無我夢中の子育て期を経て、ようやく子育ての楽しさを実感し始める。最近は先輩ママとしてアドバイスを求められることも多い。思春期にさしかかった子ども達と、これからどうやって遊ぼうかワクワク思案中。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る