妻をママと呼ぶことに抵抗がある男性へ


妻はママであって嫁であって最愛の恋人


皆さん奥様の事をどのように呼んできましたか?

アダ名や本名を呼んできたはずです。しかし、結婚してお子さまを家族に迎えると、途端に奥様は女性から母になってしまいます。そのことから呼び方が【ママ】や【お母さん】へとなってしまいます。

ですが、皆さんにとって奥様はあくまでも恋人であって【ママ】なわけではありませんよね?

お子さまを挟んだ会話の中で呼び名が変わることがあっても、自分たちの会話の中での呼び方を変える必要はありません。変えてはいけないのではなく、あえて変える必要はないということです。

子供に対して妻の呼び方を共用してはいけない

お互いの呼び方1つで、夫婦仲を恋人時代と同じように保てる気がします。お互いの名前を呼び合うだけで、パパとママであっても自分たちは一人の男女なんだと感じられます。

しかし、その呼び方をお子さまと共用するのは頂けません。

たとえば、ママのことを○○さんと呼ぶとします。その呼び方をお子さまと共用してしまうと、親子関係というものがかなり危ういものとなります。というよりも、親族関係がおかしなものとなってしまうでしょう。

パパ・ママを【さん付け】となると、自分たちが親(祖父母)を呼ぶときには【お父さん・お母さん】となると思います。それを聞いたお子さまは【お父さん・お母さん】は【祖父母】への呼称なんだと認識してしまいます。

祖父母に対しては【お祖父ちゃん・お祖母ちゃん】と呼ぶけれど、自分たちのことは【さん付け】などというのもなんだかおかしなものです。

【パパはパパ】【ママはママ】であるということをお子さまには植え付けておかなければ、親子関係は親子関係というよりも【友達関係】に近いものとなってしまいます。

また、ご家庭によってはあえて一人一人を名前で呼び合うところもあります。各自の人権を尊重したものだという主張をされるようですが、それは大きな問題となります。

家系図を思い浮かべてみて下さい。自分たち夫婦が隣り合っていて、上にはお互いの親がいます。お子さまはというと、当然のことながら自分たちの下にきます。家族とは上下関係のもとに成り立っているのです。

しかし、子供も一人の人間だということで自分たちのことを【さん付け】にて呼ばせてしまうということは、自分たち夫婦と同列にお子さまが来るということになります。

そんなふうには考えていないかも知れませんが、結果的にはそこにいってしまうのです。

自分たちは保護者だからちゃんと親だという自覚はあるんだではなく、【この子は自分たちの子供で育てる責任があるのだ】ということを今一度しっかりと心に刻みこまねばなりません。

親子は友達ではない


奥様の事をママやお母さんと言わなければならないのは、お子さまとの会話の中だけであって他の場面でママと呼びたくなければ呼ばなくても良いのです。

面倒くさくなってしまい【ママ・お母さん】の呼称になってしまうことも悪いわけではありませんし、奥様を愛しているからこそ自分は名前を呼びたいんだと主張されても問題ありません。

ただ、個人の集まった【シェアハウス】的な家族になりがちになりますので、お子さまからの自分たちの呼称には気をつけねばなりません。

【友達のような親子関係】に憧れる方もいると思いますが、友達のように色々なところに一緒に遊びに行くようになるのはまだまだ先の話ですし、その時でさえ親子関係はしっかりしたものでないと家庭環境が定まらなくなってしまいます。

奥様との意識の相違に注意

奥様自身がママであるという意識が強い場合、自分のことを名前で呼びつづけられることを嫌がる場合があります。

どんな時でも自分のことを名前で呼ぶパパに対して、父親である自覚がなさすぎる、いつまでも恋人気分で落ち着いていないなどという意見もあります。

なので、家族という単位の中でのTPOを考えなければならないかも知れません。それは、朝の挨拶や食事時の挨拶と同レベルのものでしょう。夫婦間なのか、親子間なのかということで自分も臨機応変に対応すべきなのかも知れません。

ときに【クレヨンしんちゃん】を思い起こしてみて下さい。父ひろしが妻みさえを名前で呼ぶことで、息子であるしんのすけは母みさえを名前で呼ぶシーンがよくあります。


≪画像元:http://up.gc-img.net/≫

奥様を名前で呼ぶということは、これと同じ現象が起こることを頭に入れておかなければなりません。お子さまから名前で呼ばれるのは、あまり気持ちの良いものではありません。親子であって友達ではない。その辺りも上手く考えてみて下さい。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る