「おんぶ」には知られざる知育効果がある いつも抱っこではなく、たまには「おんぶ」してみませんか?

おんぶされる赤ちゃん

最近ではエルゴベビー等の抱っこ紐がママの間で主流となり、おんぶをしているママを見かける事は少なくなりました。

これを書いている私も抱っこひもを愛用しているママの一人なのですが、家事をこなす時などはおんぶ紐を活用しています。

両手を使えるようにという目的なのですが、実はおんぶには知られざる知育効果があるようです。

抱っこ紐でのおんぶ、おんぶ専用のおんぶ紐の違い

おんぶで家事も寝かしつけもできる

市販されている抱っこ紐の中にはおんぶにも対応しているものも多いです。

ただ、慣れるまでは装着に手間取ってしまい、小さな赤ちゃんを落としそうになる事も…。また、抱っこ紐でのおんぶは赤ちゃんの頭が低い位置にきてしまいます。

おんぶをすると目線が高いところからいろいろなものを見る事が出来るというメリットもありますので、出来ればおんぶ専用のものを使用する事をおすすめします

おんぶ紐の中にはおしゃれなデザインや、胸元がバッテンにならずおっぱいを締め付けないもの、腰ベルト付きのもの等がありますので、お好きなものを選んでくださいね。

ちなみに私は家事をする時しか使わないので、かさばらない、さっと装着できる、比較的安価という理由から昔ながらのおんぶ紐を使っています。

おんぶによってさまざまな動作を疑似体験

おんぶされる赤ちゃん

抱っこ紐だとママやパパの顔が常に見る事が出来、それが良い所でもありますが、逆に言えば顔が邪魔になって周囲を観察する事が出来ません。

おんぶだと高い目線から興味のあるところをあちこち見る事が出来ます。おんぶをしながら家事をやる場合は、赤ちゃんもそれを疑似体験できるのです。

調理器具の使い方、掃除機、洗濯干し等、ママやパパと一緒の目線で見る事が出来ますので、当然脳の発達にも良い影響をもたらしてくれます

家事をこなしながら寝かしつけも出来る

家事をしながら子どもの寝かしつけがいっぺんに出来ると、忙しいママパパにとっては嬉しい事です。

赤ちゃんも背中にぴったりくっついているとリラックスするのか、ついウトウト…。

家事の終了と共に赤ちゃんの寝かしつけが終了すると、その後の時間はママパパにとってのリラックスタイムに早変わり。たとえ家事の終了までに赤ちゃんが寝てくれなったとしても、あともう一息のところまで来ています。

家事が終わってから寝かしつけを始めるよりも大幅に時間が短縮できますよ

たまにはパパもおんぶをしてみよう

パパもおんぶ

お休みの日はぜひパパもおんぶしてみてください。ママよりも赤ちゃんの目線が高くなるので、それを生かして普段触れないものを触らせてみたりすると赤ちゃんも喜んでくれるでしょう

家の中だけでなく、おんぶで外へお散歩に行くと、普段とは違う景色に赤ちゃんも多くの刺激を受けるはずです。

また、パパ自身も赤ちゃんの重さを体で感じる事で、子どもの成長を感じる事が出来ますし、おんぶしながら家事をこなすママの大変さもわかるのではないかと思います。


この記事の著者

花央

花央

元保育士、現在1歳の息子を子育て中。保育士時代の知識や経験を生かしつつ、子育て中の母のリアルな心情を記事にしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る