「スポーツ少年団」 vs 「クラブチーム」 どっちで習わせるのがいいの? パパの協力が重要なスポーツ系の習い事


お子さんが小学生なると習い事をする子が増えてきますよね?

習い事はスポーツ系の習い事と英語や習字など学習系の習い事があります。スポーツ系では野球やサッカー、バレーにバスケ!オリンピック効果で卓球やレスリング柔道・水泳なんかも最近では増えてきているようです。

今回は、パパさんの協力が重要なスポーツ系の習い事についてご紹介したいと思います。

お子さんに何を習わせる?


まずお子さんに何を習わせるかということをママと話し合ってみましょう。

幼稚園や保育園で流行っている習い事もあるかもしれません。お友達と始めるとお子さんも気負いせず楽しく続けられます。

パパやママが経験したことのあるスポーツはおすすめです。お子さんに教えてあげることも出来ますし、親子の会話も弾みます!

そして何よりパパがお子さんにお手本を見せてあげることで、パパに対して尊敬や憧れという感情がお子さんに生まれます。

しかし、お子さんが嫌がっているのなら、無理強いせずに子供が望むものをやらせてあげましょう。何よりも上達の鍵は本人のやる気ですから!

どうしても自分がやっていたサッカーや野球を子供にもやらせたい! と思うパパもいるかもしれません。

その時は、お子さんがまだ小さなうちから、楽しくキャッチボールをしたり、サッカーボールを与え一緒に蹴ったり、試合観戦連れて行くなどお子さんがその競技に触れる機会をたくさん作っておきましょう。環境がお子さんをその競技に導いてくれます。

どこで習わせる?スポーツ少年団?クラブチーム?

昔は野球やサッカーバスケバレーなど王道スポーツはスポーツ少年団へ入団するのが主流だったかと思います。パパの中にも、スポーツ少年団で活動していた人も少なくはないのではないかと思います。

またスポーツ少年団とクラブチームでは予算や親の活動範囲が違ってきます。

スポーツ少年団


スポーツ少年団は月謝がクラブチームに比べ安いことが多いです。市区町村でスポーツ少年団へいくらかの補助金が出ていることもあります。

しかし、親の活動が多いです。スポーツ少年団にもいろいろありますが、基本親がスポーツ少年団の会長や副会長、会計や監査など細かな業務をしていることが多いです。

中には、入団生の親の中から経験者のパパが指導者になっている少年団も少なくありません。

また、試合の際の審判なども親が審判や指導者の資格を取って実施していることがあります。

サッカーや野球などスポーツが得意で、昔甲子園に行ったことがある! 総体で優勝経験がある! 社会人になってもずっと続けている競技があるなど、自分でお子さんを自分の好きなプレースタイルで教えることが可能です。

スポーツ経験者のパパ向けで、パパの協力が重要です。

クラブチーム


多少お金はかかりますが、専属のコーチや監督がつき親はほとんど手を出す必要がなく、労力は必要ありません。しかし、クラブで決められ定期的に備品を購入したり、施設費や大会費の徴収など予算がかさみます。

またクラブチームのカラーなどがあり、スポーツ経験者のパパでは自分のスポーツ観と違うこともあるようです。クラブチームに加入する際には、そのクラブの特性やコーチの教え方などよくみてから加入することをおすすめします。

クラブチームの中には所定の場所に、バスでお子さんを迎えに来て練習に連れて行ってくれるクラブチームもあり、共働きや仕事で忙しく子供の習い事にあまり関われないパパや忙しい家庭にはおすすめです。

まとめ

おこさんの向き不向きもありますので、パパがやっていた競技をやらせたい気持ちもよくわかりますが、お子さんの意思も尊重してあげましょう。

スポーツ少年団がクラブチームかはとても難しい選択だと思います。どちらにもメリット・デメリットがあるのでママとよく相談した上で決定して下さい。お子さんのやりたいを応援できればそれが一番親としてよいことですね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る