怒ることと叱ることは違う 間違ったしかり方と良いしかり方


子供のことを怒る?


子育て中に子供の悪ふざけやわがままに対して躾をしていくことは当然のことです。しかし、その躾の方法も間違えてしまうと子供は大きくひねくれる原因となってしまいます

その第1原因は【怒る】ことです。

言葉としては怒るでも構いません。しかし、その意味合いを親が理解していなければ子供に伝わるのは表面だけの恐怖だけです。

「怒られた。悪いことをしたから怒られた。怒られないようにしよう。」

この考え方が埋め込まれてしまった子供はよくありません。ではどのようにしたら良いのでしょう。

叱る


怒るということは自分の怒りの感情を相手に押し付けること。つまり、大人が子供に怒りを抱いているということになります。自分よりも明らかに強く大きな大人から恐怖を与えられることは、子供にとってはこの世で一番怖いと思ってもおかしくありません。

これでは、どうすれば怒られないで済むのかという考えを抱いてしまう子供が出来上がります。怒られないようにするということは良い子が出来上がるわけではなく、コソコソと隠れて悪さをする姑息な子供になってしまいます。

では怒ってはいけないのか?

それは違います。ただ、怒るのではなく【叱る】のです。

声を張り上げても手を上げても子供には届きません。どこまでいってもこれは一時凌ぎです。叱るということは、相手を想って相手のために間違いを正すことです。

自分の都合を押し付けるわけでもなく、相手の意見を受け入れ正しいところは認め、間違っているところは一緒に考えて答えを導いてやる。それが出来るのは、一人の人間として生きてきた時間の長さから来る経験があるからです。

誰にだって経験があるはずです。理不尽に怒られたこと。自分の意見なんて聞いてもらえずに一方的に怒られたこと。そんな時に自分が感じたことを思い出してみて下さい。

嫌な感じ
やりきれない思い
胸に抱く怒り

そんな経験を持っているのだから、子供を叱るときにはまずしっかりと向かい合って同じ目線になることを心掛けましょう。そして、筋道立てた話で理解できるように教えてあげましょう。

同じ目線とは


よくある光景ですが、子供のイタズラに声を荒らげて「ダメだ!!」と一喝してしまう場面。

これで終わってしまうことありませんか?

子供はそのイタズラはしてはいけないんだということだけは確かに残ります。では、なぜそれがダメなのかというところは全く気付きません。大人であれば考えればいくらでも叱られた原因が思い浮かびますが、子供にはまだその引出しがありません。

同じ目線とは、その引出しがないことを理解するということです。

【悪いことをした、だからダメなんだ】ではなく、【何がどうだからこれをしたらダメなんだ】を教えるのです

叱ることは縛り付けることではなく、叱ることで子供の思考に幅をもたせるために教えていくことなんです。

【自分の子に限って】の考えは捨てろ

子供同士が付き合いを持っていれば喧嘩はつきものです。その時に怪我をする、怪我をさせるなんて場面も出てくるでしょう。

問題点を【どちらが悪かったのか】として考えるのを当然と思っていませんか?

喧嘩することは当然です。夫婦だって愛し合っていても喧嘩はしますよね? 自我のぶつかり合いが激しい子供同士なら尚更です。

「自分の子が悪いわけがない。自分の子に限って。」

その考えから子供を守る方向に思考が向くのが最近の親です。しかし、これは大昔からの考えを自分の中にしっかりと持っておきましょう。

喧嘩両成敗


これは、とても大切な教えです。どちらが悪いのかに焦点を当てて叱ってしまうと、責任を人になすりつける事を覚えます

「だって○○ちゃんが・・・」

それが嘘だとかそういう問題ではないのです。

喧嘩をする → 喧嘩になった原因が何なのか どうすれば喧嘩をしないで済んだのか

そこを本質として捉えて、喧嘩をした者全てを諌める。これは大人の責任です。他の家の子だから叱らないのは大人の怠慢です。

全ての子供たちは自分の子供と何らかの繋がりを持っておかしくありません。自分の子を想うのであれば、どの子供にも同じように接することが大人としての責任です。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る