ケンカ=悪いものとは限らない 兄弟ゲンカを親がうまく収める方法


兄弟姉妹がいると、どうしても起こるのが兄弟ゲンカ。親としては仲裁していいのやら、子どもに任せたほうがいいのやら迷ってしまいます。

家族として遠慮なくケンカができるのはよいことのような気もしますが、親としてはどう対処すればよいのでしょうか。

ケンカ=悪いものとは限らない


大人の他人同士がケンカをするのは良くないことですが、子どものケンカは少し違います。

子どものケンカは自我が目覚めてきた証拠で「僕が!私が!」という意識が芽生えることから起こるものです。成長過程で当然起こるべきこと、と考えると少し気が楽になるかもしれません。

また、兄弟ゲンカは他人との付き合い方を学ぶ経験になっています。遠慮なくケンカができるのは兄弟姉妹だけ。その中で「ここまでやったらマズいな」「こう言わないほうがいいみたい」と手加減や対人関係を学ぶのです

ケンカ両成敗が基本

お兄ちゃん、お姉ちゃんばかりを叱らない、まずこれが基本です

誰が泣きついてきても「パパもママも中立」という姿勢で一貫します。年長の子にも言い分がありますから「なんで弟や妹の面倒を見られないの!」とはくれぐれも言わないように。

ケガしないケンカは放っておく


兄弟ゲンカはコミュニケーションだという人もいます。子どもでも少し大きくなると社会性が身に付いて、他人とそう簡単にはケンカできなくなります。

身内だからこその遠慮のない物言いもストレス発散になっているのかもしれません。

男の子などは時に取っ組み合いのケンカをしますが、そういうときこそパパの出番です。男の子の心理はパパにしか分からないところもあるので、うまく話かけて気持ちを収めてあげましょう

理詰めで問いつめない

大人のケンカにはそれなりの理由があるものですが、子どものケンカは大した理由がないことも多いです。「何となくカチンときた」という理由でも兄弟ゲンカは起こります。

ちゃんと話を聞いてあげようと思うとつい「どうしてケンカしたの?誰が何をしたの?」と聞きたくなりますが、子どもからすれば答えようがないケースもあります。

子どもから「○○された!」と訴えてきたときは聞いてあげなければなりませんが、そうでない場合はそっと様子を見守ります。

ケンカに親が巻き込まれない


子ども同士がケンカをしていると騒がしくて、親がイライラしてしまうことがあります。いつの間にか親まで参戦して、大声で怒鳴り合うということも。

兄弟ゲンカは確かに騒がしいですが、親はあくまで冷静に見守ってください。家事で忙しいママはつい「もう、やめなさい!」と怒ってしまうことがあるので、パパがうまく取りなしてあげましょう。

まとめ

子どもはときに大げんかをするので親はビックリしてしまいますが、子ども同士は案外ケロリとしているもの。ケガをしないケンカなら子ども同士で解決させるのが一番。親は一歩引いて見守ることが大事です。


この記事の著者

花田 まゆこ

花田 まゆこ

小学生と中学生、2人の男の子のママ。無我夢中の子育て期を経て、ようやく子育ての楽しさを実感し始める。最近は先輩ママとしてアドバイスを求められることも多い。思春期にさしかかった子ども達と、これからどうやって遊ぼうかワクワク思案中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る