リビング学習のメリットとデメリット 子どもに合ったスタイルを見つけよう


東大生の約半数が勉強部屋を持たず、リビングで勉強していたという事実をご存じでしょうか。

筆者も含め、「勉強は自分の部屋の学習机でするもの」と言われて育った方はこの結果に驚かれる人も多いと思います。

現在ではこの事実をふまえ、リビングでの学習が大きく見直されているようです。そこでリビング学習にはどんなメリットがあるかをご紹介したいと思います。

リビング学習とは?


名前の通り、家族が集うリビングで学習する事を言います。

リビングで学習すると言っても、食事をとるダイニングテーブルだと不衛生ですし、ダイニングテーブルは子どもがそこで学習する事を目的として作られていないので、正しい姿勢で勉強する事が出来ません。

そこで近年のリビング学習への反響を受け、家具メーカーではすでにリビングに置くことを前提とした学習机を多く売り出しています。

リビング学習のメリット


家族が集まるリビングで学習すると、定期的に人が出入りします。

そのため集中して学習する事が出来ないのでは? と思いがちですが、実はこれがメリットの一つ。

学校でも他の生徒がいる中で勉強していますよね。テストの時もそうです。静かな環境で個室を与えられている訳ではありません。

リビング学習だと、周囲の環境を気にせず、どんな状況でも集中できる力が身につきます

また、自分の勉強部屋だとついつい怠けてしまい、家族も部屋にいる=勉強していると思い込んでしまいがちです。

多くの人の目があるリビングだとそうはいきません。わからないところはすぐに家族に聞く事が出来ますし、常に見られていると思うと必死で勉強する訳です

リビング学習のデメリット


もちろんいいことばかりではありません。リビングは家族が集う場所。

当然テレビをつけたり、おしゃべりをしたり、他に兄弟がいる場合はゲームをしたり…。いくら雑音の中で集中力を身に着けさせようとしても、子どもがまだ小さい場合は途中で集中力が途切れ、逆効果になってしまいまうことも

また、勉強するお子さんが気になるあまり、両親がつい干渉しすぎる事も…。

リビング学習をさせるのであれば、時間を決めて取り組ませる事をおすすめします。その時間はテレビの音量を下げる等、ある程度は家族の協力が必要なのかも知れませんね。

その子どもに合ったスタイルを見つけよう


リビング学習には集中力アップ、学力の向上等、様々なメリットが期待できますが、勉強部屋を与える事も決して悪い事ではありません。

勉強部屋を与える事で自分だけの空間が出来、整理整頓が自然と身につくというメリットもあります。

また、お子さんが小さい時はリビングで学習を見守り、大きくなってから勉強部屋で学習させている人も多いようです。

子どもの事を一番わかっているパパママが、勉強部屋とリビング、どちらの環境が勉強しやすいかを考え、本人の意向もくみとりながら、その子どもに合った学習スタイルを見つけてあげましょう。


この記事の著者

花央

花央

元保育士、現在1歳の息子を子育て中。保育士時代の知識や経験を生かしつつ、子育て中の母のリアルな心情を記事にしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る