結婚や出産を機に遊びの車からファミリーカーへ 本当はちょっと残念な気持ちを持っているパパへ


車は移動するだけのアイテムじゃない

家族を持った時点で車の必要性は大きくなってきます。

しかし、そのほとんどの使用用途は買い物・送り迎え・通勤となってくるのではないでしょうか。

今まで車を使って遊んできた男性陣も、結婚を機に 子供が出来たことを機に遊びの車からファミリーカーへとスライドしていくのが世の常でしょう

そんなやむを得ない状況になってしまうことで自分の趣味である車を手放してしまうと、どこかでわだかまりのような捨てきれない想いのようなものが残ってしまうのも実際のところでしょう。

そんなパパが車に対して残念な想いになってしまうのをほんの少しでも緩和できる商品を今回はご紹介してみたいと思います。

これはあくまでもほんの少しです。

ほぼ緩和できるようなものですと、今度は奥様からあまり良い顔をされなくなってしまいますので、あくまでもほんの少し

スポーツタッチを楽しむスポーツペダル

Pedal car

車を購入した時に付いているゴムのペダルを金属製のスポーツペダルに取り替えることでほんの少しだけ運転することに楽しみを持てます。

これがステアリングやシフトレバーを交換してしまうと、奥様の目から見てもまだまだヤンチャがしたいのかなと心配されてしまうこともありますので、パット見では分からないけれどしっかりとタッチ感が変わってくれるスポーツペダルをオススメ致します。

気持ちは効果的に作用する純正取り替え型エアフィルター


エンジンを掛けた時の音が大幅に変わってしまうような改造をしてしまっては近所迷惑であったりせっかく眠ったお子さまを起こしてしまったりと非難の嵐を浴びてしまいます

しかし、車好きなパパであるならば少しは手を掛けたい気持ちが湧いてしまいます。

そんな時は純正エアクリーナボックスに置き換えるだけの車外エアフィルターに交換して、気持ちだけでも改造した気分になっておきましょう。

純正値よりも吸気量が多いとの説明書きがありますので、あわよくば燃費向上にも貢献してくれます。

ここまでは遊び心を持ったパパへのご紹介です。

ここからはファミリーカーにあって欲しい便利なアイテムです。運転するのはパパだけじゃない。ママだって運転する世の中です。

ちょっとしたお買い物の時にお子さまが泣いてしまったりすると、運転中のママは手を離すわけにはいきません。

そんな時、あってくれるととっても便利なアイテムをご紹介致します。

後部座席用モニター


最近の車にはオプションで付けることが出来る天井吊り下げ型フリップダウンのモニターであったり、ヘッドレストに埋込み型の一体式モニターなんかは夢の話ではありません。

これがあるだけで運転のしやすさは大きく変わります。

運転中、チャイルドシートに固定されたお子さまの興味は窓の外や少しだけ見える運転手の動きになります。

しかし、モニターで普段見ている番組の映像などを見せておくことで、その興味はモニターに集中してくれます。

正直このモニターにはいつも助けられます。

ゴムフロアマット


フロアマットといえば毛足が長めの高級感のあるマットを想像しませんか?

新車購入の際もそちらのタイプが標準として進められます。

しかし、そのタイプって一番高い高級路線なんです。

でも、お子さまのまだ小さいご家庭ですと、ミルクやお菓子をこぼすのは当たり前。

気分が悪くなって嘔吐してしまうなんてこともよくあることです。

そんな時、毛足の長いフロアマットですと、掃除の手間がとても大きい物になります。

しかし、ゴムフロアマットですと水で洗い流してしまえば臭いもありません。

大変便利なものになります。後から量販店などでも買い換えることが出来ますのでご検討下さい。

合皮性シートカバー

これはゴムフロアマットと同じ理由になります。

汚れ対策です。

通常ファブリックのシートには染みこんでしまう液体の汚れですが、合皮性であれば拭きとるだけで全てが丸く収まります。

専用の物も作られていますので安心して購入できますが、これに関しては少しばかりお値段がハリます。

少し余裕があるようでしたら是非にとオススメしたい逸品です。

自分たちが少しでもストレスを感じないでいられるように


たかが運転、されど運転です。

その運転中にお子さまの行動一つ一つに惑わされてしまうようではこの先不安になりますが、少なくともストレスに感じなければならないものは先に手を打つことは出来ます。

できるだけ落ち着いた運転を心がけて下さい。

自分たちのために、お子さまのために、素敵な未来のために。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る