大掃除時期の到来! ママがパパにお願いしたいと思っている掃除5つ


いよいよ今年も12月。大掃除の季節がやってきました!

普段の掃除はママにお任せ、というパパは、この時期こそ出番です! 男の人でないとできない掃除がたくさんありますから、ぜひ腕まくりして頑張りましょう。

パパでもできる、簡単なお掃除


まず、パパでもできる簡単な掃除があります。

たとえば、IHコンロの焦げ落とし。アルミホイルをクシュクシュッと丸めて焦げの部分を擦っていくだけです。

軽い汚れならそのままで、こびりついた汚れなら少量のクレンザーをつけましょう。このやり方でフライパンの汚れもきれいになります。

パパにこそやって欲しい、高所のお掃除


ママではなかなか背が届かない高所の掃除も、ぜひパパにお願いしたいところです。シーリングファンや照明の電球、棚の上部など、脚立を持ってどんどん拭いていきましょう。

ポイントは、ほこりは上から下に落ちるので、パパがまず上のほうの掃除を先に行うこと。パパが一番最初に掃除をスタートしてください。

それから、パパにやってもらうと助かるのが窓掃除です。

窓掃除には少しコツがあります。まず、窓用洗剤をまんべんなくスプレーしたら、左上から右方向に、クルクルと円を描くように拭きます。一つ下がって、同じようにクルクルと。

左から右へまっすぐに拭いてしまうと、拭きムラが残ってしまいます

一番下まで行ったら、最後に洗剤とほこりが溜まっている四隅をぐるりと磨いておしまいです。

「やり始めると私よりきれいにしてくれる!」というママの声も多いのが、この窓掃除。ピカピカになるまで、ついこだわりたくなる面白さがあるようです。

エプロンを外して洗うお風呂掃除


お風呂掃除なら普段からやっているよ、というパパもいるかもしれません。大掃除でぜひやって欲しいのは浴槽エプロン内の掃除です。

書いてある指示通りにエプロン部分を外すと、髪の毛や湯ドロ、カビが結構あります。絵の長いブラシを用意しておいて、奥までしっかり掃き取ります。

パパじゃないと分からない、パパの持ち物掃除


ママにとっては「これが一番大事!」という場合もあるかも。普段忙しくて自分のものをなかなか整理できない人は、ゴミの回収回数が増えるこの時期に、しっかり仕分けしてください。

特に、「積んどく」になっている本や書類、趣味で集めているものなど、きっとタンスの奥からごっそり出てくるはずですよ。

まとめ

大掃除というのは、普段なかなかやれないところの掃除をすること。パパでもできる掃除はたくさんあります。

ここに挙げた掃除をチェックしておいて「こことここは、僕がやっとくよ」とさり気なく伝えれば、パパの株がググッと上がること間違いなしです!


この記事の著者

花田 まゆこ

花田 まゆこ

小学生と中学生、2人の男の子のママ。無我夢中の子育て期を経て、ようやく子育ての楽しさを実感し始める。最近は先輩ママとしてアドバイスを求められることも多い。思春期にさしかかった子ども達と、これからどうやって遊ぼうかワクワク思案中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る