子供と過ごす楽しい時間…テレビゲームの手加減、どうすれば?


家族でのんびり過ごす休日に欠かせないのが、ゲーム。

今はスマホやタブレットでのゲームに加え、パソコンやテレビに接続して使用するハードのゲームや持ち運び可能なタイプのゲーム機というように、多種多様なゲームがありますよね。

大人が一緒にやると、どうしても子供には勝ってしまいます。筆者も自称ゲーマーなので、結構ゲームはやり込むタチ。本気を出して、娘に引かれることもしばしば…。

そこで今回は、ゲームでは子供にどうやって手加減すべきなのか考えてみました。

育成系&クリエイティブなゲームは一緒に楽しめる!

どうぶつの森シリーズ


≪画像元:http://rosetrend1.com/wp-content/uploads/2016/05/ed187c1a.jpg≫

有名なのが、どうぶつの森シリーズ。ほのぼのとしたゲームで、リアルな時間と連動して楽しめるほのぼのとしたゲームです。

こういったゲームであれば、一緒になって楽しめますし、競うこともほとんどありません。

ゲーム中のミニゲームで争うことが出来ますが、そこはほのぼのとしたゲームですから、アイテム獲得数やミッションクリア報酬が変わってくるくらい。

子供も勝った負けたと言いにくい!家族みんなでやりやすいカドの立たない優良ゲームですね。

マインクラフト


≪画像元:https://topics.nintendo.co.jp/c/article/3e95bff1-974f-11e5-87cc-0a6d14145cb1.html≫

また、クリエイティブなゲームの有名どころといえばマインクラフトでしょうか。

世界的に有名で、自由度の高いゲームです。モノづくりをするもよし、探検に出かけるのもよし、村を作ってみるのも良し…

大人と子供で遊び方が変わってくることもありますが、手加減の必要がクリエイティブ的なゲームには無いのが安心です。手加減に困りたくない人には、こういった類のゲームをセレクトすることをオススメします。

対戦型は、年齢を見て。手加減の具合を決めてみましょう


絶対にハマるのが、対戦型ゲーム。今大ブームの妖怪ウォッチもポケモンも、対戦機能があります。

それに、ゲームの中でストーリーを進めるためにコンピューターキャラとの闘いが頻繁にあります。

コンピューター相手に勝てなくて苦戦しているときは、手加減せず父親のチカラを発揮してあげましょう。すると子供からは「すげー!」と一目置かれることになります

ただ、同ゲームでお互いが対戦する場合は注意が必要ですよね。想像してみてください…苦労して育てたポケモンが、父親がエグいほどに育てたポケモンに秒殺される図を…これ、お子さんは絶対ショックですよね

年齢を見て、手加減はどのくらい必要なのかをあらかじめチェックしておきましょう。足並みを揃えて、互角になるくらいにしておくのが父の優しさ。手加減が要らない年頃になったら、本気の勝負を楽しみましょう!

課金には制約を!アプリ管理をしないと痛い目に…


一番気を付けたいのがスマホやタブレット、パソコンでのゲームによくある課金制度です。筆者が大好きな戦車での対決プレイが楽しいゲームは、強い戦車は課金すれば簡単に手に入ります。

しかし、課金しないとそもそも手に入らないものがあり、手に入るとしても膨大な経験値が必要で実現不可能な場合が多いです。

てっとり早く強いものを手に入れようと、課金を迷う子も出てくることでしょう。そこをしっかりと収めて、課金へは制約を忘れずにしておくようにしましょう

楽しいゲームで子供の機嫌を損ねてしまっては台無しです。時に手を抜き、ゲームの進捗具合や強さで子供の成長を感じてみませんか?


この記事の著者

くろねこパパ

くろねこパパ

離婚歴のある女性と初婚に至り、いきなり2人のパパになったステップファミリーの大黒柱。日中は工場勤務、子供達が寝た後はパパライターとして執筆活動をしています。過去にグレて走り屋をし、車を何台も廃車にしてきた経験あり。今ではすっかり落ち着いて、ダブルワーク実践中のパパとして毎日奔走しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る