読み聞かせはママだけのものじゃない! パパも一緒に楽しむ読み聞かせ


お子さんの情操教育には「読み聞かせ」が良いと言われています。

パパさんたちも聞いたことがあると思いますが、なんとなくママが読み聞かせているからパパはいいかな?なんて思っていませんか?

同じ絵本でも読み手によって感じ方はいろいろです。本が苦手なパパさんだって絵本ならお子さんと一緒に楽しむことが出来ます。お子さんにたくさんの絵本をパパの声で読んであげてくださいね。

お子さんの読書年齢に合わせた絵本を選びましょう


絵本を読んであげる時にお子さんがふらふらしたり、あまり絵本に興味を示していないなんてことありませんか?

そんな時は、お子さんと絵本の対象年齢が合っていません。絵本をあまり読んでいないお子さんは絵本の読書年齢も低いのです。低年齢向けのものをまず与えてみましょう。

低年齢向けなら、本を読むのが苦手なパパも読みやすいですよ。実年齢が3歳でも0歳~1歳向けのものでお子さんが興味を示すものを読んであげるようにしましょう。

<オススメ>

じゃあじゃあ びりびり まついのりこ 偕成社

カラフルな色と日常生活のいろいろな音でお子さんと楽しめます。

追視がみられる生後3ヶ月くらいから読んであげられます。絵本年齢が低い子にオススメです。

パパが絵本を楽しみましょう


お子さんに読み聞かせをする際にとても大切なことは、パパやママが絵本を楽しく読んであげているか?ということです。

アナウンサーのように上手な読み手でも、絵本を楽しんでいないとお子さんは絵本を好きにはなりません。

読むのが下手だってお子さんと一緒に絵本を楽しむことが大切です。お子さんはパパが楽しいと一緒に楽しくなります

子供ってよく大人を見ているし、感じ取っているのです。お子さんと読み聞かせの時間を楽しんで下さい。

パパだけの特徴を活かして読み聞かせ


ママには無いパパだけの特徴を活かして読み聞かせをしてあげましょう。パパの声はママより低く、寝る前に気持ちを落ち着かせるのに適しているように思います。

低い声で優しく読み聞かせてあげてください。

いつもの絵本もママが読むのとは違うパパの読み方や声のトーンにお子さんは新しい絵本を聞いているかのような気持ちになれます。

私の父も昔寝る前にお話を聞かせてくれたことがありました。毎日ではなかったけれど、たまに聞かせてくれるお話は母が読んでくれている物語とはまるで別のお話のように感じられました

皆さんのお子さんにも、パパの声の思い出をたくさん残してあげてくださいね。

まとめ

自分が子供の頃に絵本をたくさん読んでもらった人は、お子さんの絵本の中に昔から読み継がれているものもあるのでとても懐かしいと思うこともあるでしょう。

親からもらったたくさん絵本を読んでもらったという愛情を自分のお子さんにもたくさんあげて下さいね。

帰りが遅かったりなかなかお子さんとの時間が取れないパパも、絵本を読み聞かせて一緒にわずかな時間で、お子さんの心に残るパパの思い出を作ってあげて下さいね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る