母乳育児のためにパパが知っておきたいこと 母乳に良い食事、良くない食事


母乳育児は良いって聞くけれど……パパには関係ないなんて思っていませんか? パパにだって知って欲しいことがたくさんあります。

母乳を出すためにはどんなことが大切で、どんな食べ物がよいのか?どんな食べ物はよくないのか?パパも知ってママをサポートしてあげましょう。

母乳育児で大切なこと

(1) 水分をたくさん取りましょう

母乳を出しているママにはたくさん水分が必要です。1日に2リットルは必要だと言われています。夏場などは、母乳のほかに汗をかいたりと脱水に注意しましょう。さりげなく、水分補給を促したりしてあげると良いですね。

(2) 母乳ママには睡眠・休息が必要です。

育児でママはとても疲れています。疲れていたり、寝不足が続いていたりすると母乳の出が悪くなってしまいます。ママが少し横になったり、休んだり出来るようにしてあげましょう。

(3)血行をよくしましょう。

母乳は血液から作られます。血行がよくなるように軽い運動や散歩など一緒に楽しめるとよいでしょう。

のんびりとお風呂に入れる時間を作ってあげたり、時には肩や全身をマッサージしてあげるとママの母乳が出るようになりますので、パパも協力してあげましょう。

(4) バランスの良い食事をしましょう。

なんと言っても大切なのが、バランスの良い食事をとることです。
脂肪分や糖分の多い食事は、乳腺を詰まらせて、乳腺炎になってしまうことがあるので気をつけましょう。

<母乳に良い食事>


白米や根菜類が母乳に良いとされています。

また、脂肪の少ない白身魚(鯛など)また、鶏のささみや牛肉の赤身などの良質な蛋白質も積極的に摂取することをおすすめします。

母乳育児中はとてもお腹が空きますので、おやつを少しずつ摂取するとよいでしょう。

良いおやつとして、寒天ゼリーやおにぎり、フルーツ(バナナやりんごなど)は食物繊維も豊富でエネルギーにもなります。

ブルーベリーやラズベリーなどは糖分も少ないのでおすすめです。ナッツ類や蒸かしいもなどもよいでしょう。

<母乳に良くない食事>


脂肪分の多い食事はよくないといいましたが、具体的には揚げ物やファーストフード、食品添加物が多く含まれているカップ麺などは塩分も多くあまりよくありません

また、ママたちが好きな洋菓子なども脂肪分や糖分が多いのであまりよくありませんが、我慢しすぎてストレスになってしまうのも考えものなので、食べ過ぎない程度にご褒美のようにたまに食べる程度にしておきましょう。

ママの中には妊娠するまで飲酒の習慣があったママもいるかもしれませんが、アルコールもよくありません

ママの血中濃度とほぼ同じ量のアルコール濃度が母乳に出てしまいます。それを赤ちゃんが飲むことになってしまうので、酷い場合には赤ちゃんがアルコール中毒になってしまったりすることもあります。

お酒が好きなママは母乳育児中は少しお休みしましょう。パパも協力してあげて下さいね。

また、カフェインの取りすぎもよくありません

一日一杯程度のコーヒーなら大丈夫だと言われていますが、ココアやチョコレート、コーラや栄養ドリンクにもカフェインが含まれているのでそのことも頭に入れておきましょう。

カフェインが含まれた母乳を飲んだ赤ちゃんは寝つきが悪くなったり、興奮状態になったりすることがあります。

ママが我慢している近くでパパが空き放題にお酒を飲んだり、コーヒーを飲んだりしてしまうとママも我慢が辛くなってしまいますので、母乳育児の少しの間だけパパもママの前では少しお酒を控えたり、コーヒーを控えたりママと一緒に体に良い食生活を送りましょう。

まとめ


母乳は赤ちゃんのためにとてもよいことですが、母乳を出すために、ママは好きなものを我慢したりしなければなりません。

パパが少しでも、ママの努力に気づいてくれるとママはとても嬉しいです。

2人の赤ちゃんですので、ママだけ頑張っているのではなくパパも協力してあげようとする姿勢がママにはとても嬉しく励みになります。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る