陣痛で痛みに耐えているママにパパがしてあげられること


出産を経験したパパさんの中には、ママが陣痛で痛みに耐えている時に何をしてあげたらいいのかわからず、ただ痛みに耐えているママを見ていたなんて経験があるパパいませんか?

また、これから出産を経験するプレパパへママが陣痛の時にパパはどんなことをしてあげられるかをご紹介します。

痛みがある所をさすったり、押したりしてあげて下さい


とにかく陣痛は痛いです!多少の個人差はありますが、命を産み出すわけですから、痛くて当然!それが命の重みなのかもしれません。お産が進み、陣痛の間隔が数分単位になると、痛みはどんどん強くなります。

そんな時、パパがそばにいて励ましてくれたらとても心強いです。

逆を言えば、二人の子なのに自分だけこんなに痛いお思いをしてパパだけ知らん顔なんて薄情者! と思ってしまいそうです。

そんな辛い陣痛をママ一人に任せずに、一緒に乗り切ってあげましょう。

ポイント

特に背中や腰に強く痛みが現れますので、手の平で背中や腰を密着させるように強く押したり、さすったりしてあげましょう。声をかけて、ママの一番気持ちいい場所を押してあげたりさすってあげましょう。

陣痛の進行とともに、痛い場所が変わってくるので、その都度ママと会話をしながら確認するようにしましょう。

ママが息を吐くタイミングで押してあげるとより効果的です。マッサージをし続けるのはとても大変ですが、ママも痛みに耐えています、陣痛と陣痛の間はパパもお休みしながら、痛みが来たらパパも一緒に頑張りましょう。

ママのお世話をしてあげましょう


陣痛に耐えているママのそばで、いろいろお世話をしてあげましょう。

出産が始めてのママは出産までに長い時間がかかることがあります。痛みに耐えながら食事をとったり、トイレへ行ったりとしなければなりません。

痛みに耐えて汗だくになったり、そんな時はパパがお世話をしてあげましょう。

ポイント

汗をかいていたら拭いてあげたり、ストローつきのペットボトルで水分の補給をお手伝いしてあげましょう。

陣痛中に病院の食事が出るかもしれませんが、おにぎりやサンドイッチなど少しずつ食べられるようなものをママの好みに合わせてかってきてあげるのもいいですね。

パパは焦らずどっしりと


痛みに耐えているママ時には弱音を吐くかもしれません。痛みで、いつものママらしくないこともあるかもしれませんが、パパは慌てず焦らずどっしりとした態度でママをサポートしてあげて下さいね。

陣痛の進行状況により途中で帝王切開になる場合もあります。そんな時は、慌てることなく医師や看護師の指示に従い同意書を書くなど事務的なこともしましょう。

いつ出産してもいいように、事前にビデオなど撮影する予定がある人は準備しておきましょう。病院によっては、ビデオ撮影する位置が決められているところもありますので、看護師の指示に従いましょう。

まとめ

初めての出産はなおのこと、何度出産を経験してもやっぱりいろいろ不安になったり心配になったりするものです。パパがしっかりとサポートして、ママと一緒に陣痛を乗り越え一緒に出産に挑む気持ちでいて下さいね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る