【賛否両論】 「ベビーハーネス」の取り入れ方


「ベビーハーネス」をご存じですか?


聞いた事がない方、街中でパパやママと紐でつながれたリュックを背負っている子どもを見た事はありませんか? ベビーハーネスとはまさにそれです。

数多く存在する育児グッズの中でも賛否が分かれるベビーハーネス。今回はベビーハーネスの魅力と考え方、使用する上で気を付けたい事についてお伝えします。

ベビーハーネスの魅力とは?

子どもは歩くようになると、あちこち何でも興味を持つようになります。

ママとつないでいる手をさっと放し、興味の対象へ一目散に走り出し、ママやパパは当然あわてて子どもを追いかけます。

1歳以降の子どもを持つご家庭にとってはありがちな光景ですね。

ただし、子どもが突然走り出した場所が、人の多いところや、交通量の多い場所、駅のホーム等、危険な場所だったらどうでしょう。

一歩間違えると大きなケガにつながったり、子どもを見失ったりする事だって考えられます。

こんな時、ベビーハーネスがあれば、その「万が一」を防いでくれるのです。

ベビーハーネスに対しての考え方は人それぞれ


年配の方、子育て経験のない方に関してはこの「子どもを紐でつなぐ」という見た目に対して否定的な意見が多いようです。

確かにベビーハーネスは少しずつ目にする機会が増えたように感じますが、まだまだ定番の育児グッズとして世の中に浸透していないのが実情です。

最近では動物の可愛いキャラクターをモチーフにしたものも多いのですが、「紐でつながれた子ども」という見た目は変える事が出来ません。

そのため、実際に使用している人にとっても周囲の視線が痛いと感じたり、見ず知らずの人から心無い一言を言われたりしてしまう事も少なからずあるようです。

筆者は?

さて、まさにベビーハーネスを必要とする年代の子どもを育てている筆者ですが、自分の子どもにはベビーハーネスを使用していませんし、今後も使う予定はありません。

あくまでも筆者の個人的な見解なのですが、お出かけの際にも「人が多いところ、危険なところでは保護者と手をつなぐ」というルールを言葉と行動で教えたいと考えるからです。

とはいえ、まだまだ好奇心旺盛です。突如走り出す子どもを追いかけ全力ダッシュする事も多い日常…。ただそんな日常もほんの一時だと思って子どもに付き合っています。

そのハーネスは本当に子どものため?


否定的な意見が多い理由として、間違った使い方をしている保護者が多いからというのもあげられるように思います。

ベビーハーネスは子どもの安全を守るためであって、親が子供から目を離す目的ではありませんよね。

例えば、紐でつながっているからと言って、親がスマホに夢中になったり、子どもが興味の対象を見つけ近寄ろうとしているのに、紐でクイッと引っ張るだけだったり…。

これでは誰のためのハーネスなのかわかりません。

あくまでもベビーハーネスは子どもの安全を守るため。親がラクをするために取り入れるのであれば、おすすめはできません

積極的にハーネスを取り入れても良いケースは?


子どもが二人、三人といる方は積極的にハーネスを考えてみても良いかも知れません。

子どもが一人でしたら何とかなるかも知れませんが、二人、三人と年齢が近い子どもだったり、男の子の双子だったりすると一人ではもうお手上げ状態。

片手でベビーカーを押しながら、片手でもう一人の子どもの手をつなぐ事も出来ない事はないでしょう。ただ1対1の時よりも反応が遅れてしまいますし、もう一人がいる事で、すぐに追いかける事も難しいのではないかと思います。

しまいには外に出る事が苦痛になってしまう事でしょう。

子どもの健全な成長のため、家に引きこもるのはおすすめできません。

外出が不安だという場合はハーネスの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

賛否両論のハーネス、取り入れるのであれば使用の目的を忘れずに!

その家庭によって考え方は様々なベビーハーネス。

筆者自身も好奇心旺盛で動きまわる子どもを持つ身なので、使用する人の気持ちは痛いほどわかります。

しかし間違った使い方をして、ただでさえ否定的な意見の多いハーネスの価値を下げている人も多いように思います。

取り入れる、取り入れないは子育てに対する考え方次第ですが、取り入れるのであれば本来の目的を見失わないようにしたいものですね。


この記事の著者

花央

花央

元保育士、現在1歳の息子を子育て中。保育士時代の知識や経験を生かしつつ、子育て中の母のリアルな心情を記事にしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る