知っておきたい子供の教育費について いくら必要?そうやって貯める?いつから貯める?


お子さんが生まれた時には、嬉しさと可愛さでこれからの教育費をすでに考え始めているなんてパパさんは少ないと思います。

でも、今後とても大事なことです。お子さんが生まれたらすぐにでも考えて欲しいお子さんの教育資金についてご紹介します。

教育資金はいくら必要なのでしょう?


お子さんが幼稚園から大学を卒業するまでには、子供一人につき約1000万~2500万円が必要と言われています。

1500万円もの差が出てしまうのは、私立か公立か選ぶ進路により金額がかなり変わってきてしまうからです。

子供の学習調査(文部科学省)を参考に、私立と公立の費用の差を細かくみて見ましょう。

幼稚園(3年間) 公立→ 66.2万円  私立→161.1万円
小学校(6年間) 公立→182.1万円  私立→881万円
中学校(3年間) 公立→137.9万円  私立→383.8万円
高校(3年間)  公立→117.5万円  私立→275.4万円

大学(4年間)文系学部入学金等含む 私立→386.4万円
大学(4年間)理系学部入学金等含む 私立→520.1万円
大学(6年間)医療・歯科系学部入学金等含む 私立→2423.3万円
大学(4年間)その他の学部入学金等含む 私立→502.5万円
大学への自宅から通学→約22万円 
大学へ自宅以外から通学(寮やアパートなど)→79万円

このように、私立か公立かまたは理数系か文系かなど選ぶ進路で、お子さんに必要な教育資金が大きく変わってきます

教育資金を貯め始める際には、ママとお子さんの将来についてよく話し合いどのくらいの教育資金を準備しておけばいいのか考えてみましょう?

はっきりとしたプランではなくても、代々医者の家系なので医大へ進学予定だとか、地域がら公立へ進学することが多いなどだいたいのプランを立て少し多めに貯金しておくことが望ましいです。

どうやって貯めたらいいのでしょう?


教育資金を貯める方法はいくつかあります。ママやパパの性格や経済的な状況などに合わせた、貯蓄方法を選択することが一番よいと思います。

(1) 定期預金・口座振替

毎月一定の額を定期預金・貯金する方法です。最も簡単で確実で実行しやすい方法だと言えます。

給料振込みの翌日に振り替え日を設定しておけば、「今月は厳しいから教育資金は無理!」なんてことにもならずに、確実に貯められます。

また、口座は生活費と分けておくのがポイントで、お子さんの名義の口座にしておくことで使い込みを心理的に防ぐことも出来ます

そして、お子さんの口座へ親戚からのお祝いやお年玉なども入金しておけばさらに貯められます。

(2) 児童手当

所得が960万円未満なら、年に3回支給されている児童手当をそのまま教育資金として貯める方法があります。

児童手当は以下のように支給されます。

■0歳~3歳まで月額1万5千円支給
■3歳~小学生、第1・2子は月額1万円
■第3子以降は1万5千円
■中学生は月額1万円

0歳から中学生までに約200万円(第3子以降は約250万円)が使わなければそのまま、教育資金として貯金することができます。児童手当も上手に活用しましょう。

(3) 学資保険

学資保険とは、教育資金の貯蓄を主な目的とした保険です。ゆうちょや民間の保険会社いろいろな学資保険が出ています。

進学時にまとまったお金がもらえて、さらに本人の死亡や親の死亡時にはお金がもらえます。親が死亡した歳には、払い込みが免除されたり育英金が出たりなどの保障がついていることが大きなメリットになっています。

加入する学資保険によっては、条件や保障内容などが違うので、加入する際には充分に確認しましょう。

昔は、学資保険も貯蓄率もよく保障の内容も充実していたものが多く出回っていましたが、今では元本割れしてしまう商品も多くあります

加入する場合には、商品の情報を集めて、条件や保障内容をよく確認しましょう。

(4) 投資信託・株・金・外貨など

経済状況に余裕がある人にはおすすめです。今ある資産を増やし、その増えたお金を教育資金に回す方法です。

だたし、それなりのリスクを負うことも頭に入れておかなければなりません。一般的にはあまりおすすめしない方法です。

いつから貯めればいいのでしょうか?


教育資金を貯め始める時期は早ければ早いほどいいです。お子さんが産まれたらすぐにでも教育資金の貯蓄を始めましょう。

多めに貯まっている分には、進学を私立へ変更したりなどの予算の増額にも対応することができます。

また、教育資金として貯めたけれど使わなかった時には、お子さんの結婚資金ししてあげたり、車を買ってあげたりといくらでも使い道はあります。早めに教育資金を貯め始めましょう。

まとめ

■使い込まないようにすること
■コツコツと継続すること
■早くから始めること

教育資金を貯めるにはこの3つがとても大切です。

また、自分たちに合った貯蓄方法を選ぶことが、貯蓄を継続させるにはとても重要になります。無理をせずに、続けられる貯め方を選ぶようにしましょう。

マイカーやマイホームの購入時期なども視野に入れてママと相談しつつ、上手に教育資金を貯めて下さい。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る