もめる家庭続出! 「赤ちゃんの名付け」の話し合い方


子どもの父母としての最初の共同作業で、もっとも大切な「赤ちゃんの名付け」。赤ちゃんを思う気持ちはパパもママも同じです。

しかし、自分が付けたいと考えている名前が相手も付けたいと考えているとは限りません。意外ともめるご家庭が多いのも事実のようです。

そこで今回は赤ちゃんの名付けに対する考え方と、夫婦で上手に話し合う方法をお伝えしますのでこれから赤ちゃんを迎える予定のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

普段から名前に関してお互いの意思疎通を図っておく


たいがいママの方が付けたい名前というのをぼんやり考えている事が多いので、希望を聞いてみましょう。

ここで注意してもらいたいのが、その名前を絶対に否定しない事です

お腹の中で小さな命を育んでいるママ、赤ちゃんの名前についても一生懸命考えているのです。それを「おかしい」、「ふざけてる」等の言葉で否定しないでくださいね。

たとえ自分が考えている名前と大きく違ったテイストでも「響きはいいね」、「その漢字は嫌いじゃない」等、必ず良い部分を見つけ、それを伝える事が大切ですよ。

いったんママの意見を受け止めた後、今度は自分の意見を伝えましょう。

具体的な名前が浮かんでこない場合は、「この漢字を使いたい」、「赤ちゃんが大人になっても恥ずかしくない名前にしたい」、「漢字一文字の名前がいい」等、ぼんやりしたイメージを伝えておくと良いでしょう。

「どんな子どもに育ってほしいか」も赤ちゃんの名前を考える上で大切なポイントです

名前候補をいくつかピックアップしていこう!


お互いの名前のイメージを共有させたら、今度はそれぞれが考えた名前をいくつか提示していきましょう。

多くても問題ありません。パパが好きな漢字、使いたい漢字から、ママがそれを組み合わせていくといった感じでも良いです。

とにかく「これはいいかも」といった名前を紙に書き出します。そしてその名前に名字を付けて書いてみたり、名字からつなげて声に出して読んだりしてみましょう。

自分が付けたいと考えていた名前でも、名字と組み合わせると「あれ?」というものがあると思います。漢字は素晴らしいのに、呼んでみるとなんだかしっくりこないという事もありますよね。

名前は書く場面よりも呼ばれる場面の方が多いです。漢字がどんなにすばらしくても呼びづらい名前では困ります

これは私の場合になりますが、好みが合わずスムーズには決まりませんでした。

その中で唯一「祖父母や年配の親せきからも可愛がられるような、親しみやすい名前にしたい」という部分は一致しておりましたので、「名前の響き」を重視。呼びやすさ、親しみやすさ、愛称などを予想した上で候補を選んでいきました。

ピックアップした名前をさらに絞っていこう!

いきなり一つの名前で意見が一致する事は難しいでしょう。

ただ、お互いに意見を出し合い、これならいいかなというものに印をつけていくとぼんやり決まってくると思います。

例えば、◎、○、×などの記号を使い、夫婦ともに◎は無理でも、〇であればその名前を残します。どちらかが×であれば、残念ですが候補から外しましょう。

後は、先述したように呼びやすさ、愛称、どんな子どもに育ってほしいかのイメージ、画数を書き込んでいく事で、だいぶ絞られてきます。

その後、残った候補を見ながら話し合いを進めるとスムーズです。絞られてきたら、親や親戚の意見もある程度考慮しても良いですね。

生まれてくる赤ちゃんの顔をみて最終決定を!


ある程度名前を絞る事は出来たけど、一向に決められない!という夫婦の場合は、実際に生まれてくる赤ちゃんの顔を見てから最終決定しましょう。

中性的な顔をした赤ちゃんや、優しい顔をしている赤ちゃん、意志の強そうな顔をしている赤ちゃんもいて、なんとなく「この名前が合うかな」というものがあるはずです。

ただし、この場合はゆっくり考えている時間はありません。出生届の提出期限は生まれてから14日以内と決められています

期限内に納得のいく話し合いをするためには、やはり生まれる前にある程度決めておく必要があるかも知れませんね。

名前は両親からの最大のプレゼント

これまで夫婦ともに必死で考えぬいた赤ちゃんの名前。どんな名前にせよ、両親が真剣に考えてくれた事は、赤ちゃんにとって大きな財産となります。

一度つけてしまうと簡単に変更が出来ないので、時間をかけてじっくり話し合い、後悔をしないようにして下さいね。


この記事の著者

花央

花央

元保育士、現在1歳の息子を子育て中。保育士時代の知識や経験を生かしつつ、子育て中の母のリアルな心情を記事にしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る