【カッコいいパパは筋トレから(1)】 子供と一緒に遊びながらの下半身の強化


メタボリック検診が目の前に迫ってきたパパとしては、ダイエットという目を背けたい事実が突き付けられてきます。

やってみても長続きしないし、お酒は飲みたいし辛いのは嫌だ‼︎

そんなパパのために、まずは下半身強化から取り組んでみたいと思います。

それも、子供と遊びながら楽しく出来る下半身強化です。

歩くことに意識する

歩くことと簡単に題しましたが、通勤や家の中の移動などもこれに含まれますよね。

でも、子供と歩く機会となると専らお散歩になると思います。

カカトを擦ってダラダラと歩いている方をよく見かけますが、ここにまず意識を置きます。

・背筋を正す
・地面を蹴る意識を持つ
・歩幅を広げる

この3点を気をつけることで【お尻 太腿 ふくらはぎ】をメインにシェイプアップ出来ます。

普段からここに気をつけるだけで、子供とのお散歩が一種の運動になります。

抱っこは最高の筋トレ


子供は抱っこが好きですよね。

スキンシップとしても良いし、自分は楽に移動できるし愛を感じられます。

でも、この抱っこほど良い筋トレ行為はないです。

抱っこするということは、自分自身の体重だけでなく子供の体重分が加重されるということです。

この抱っこしたままの筋トレを2つご紹介致します。

さぁ、では張り切っていきましょう。

1.ふくらはぎを鍛える

子供を抱っこしたままどんな風にふくらはぎを鍛えるのと思いませんか?

実は物凄く簡単です。

カカトを上げ下げするだけなんです。

上げる幅が高くなれば動く距離が増えますよね。

その分運動量が増えていくんです。

抱っこして歩けば同じじゃないかとも思われますが、実はこれがそうでもないんです。

抱っこしたまま歩くとどうしても楽な姿勢を取ろうとしてしまうものなんです。

ですから、敢えて上下運動だけをするんです。

子供を高い位置で抱っこすることを忘れないでください。

目が合う位置で抱っこしていると子供の笑っている顔がよく見えますからね。

2.太腿を鍛える

ふくらはぎでは上下運動でした。

太腿もまさかの上下運動なんです。

いわゆるスクワットですね。

単純に抱っこしながら膝の曲げ伸ばしが出来る方は意外と多いです。

更に一歩先の太腿のビルドアップは、腰を曲げてのスクワットです。

子供を抱っこしている分、腰を曲げることで重心が前にあります。

その場でスクワットするためには、太腿の前後共に力を入れて保持しないと身体が前へ行ってしまうので、自分の筋力と相談しながら行いましょう。

そして大事なポイントが1つあります。

背筋をしっかりと伸ばしておく

背中が丸まっていると上手く太腿に力が集中しません。

むしろ丸まった背中へ負荷が偏ってしまい、せっかくのスクワットが無駄になってしまいますので気をつけましょう。

子供と楽しむために忘れて欲しくないこと

今回は抱っこしながらの筋トレを取り上げましたが、子供が楽しんでくれなければこれも長続きしません。

ちょっとした顔遊びやアドリブな動きも踏まえて楽しく行って下さい。

【シリーズ バックナンバー】
【カッコいいパパは筋トレから(2)】 子供と一緒に遊びながらの腕の筋トレ

【カッコいいパパは筋トレから(3)】 子供と一緒に遊びながらの大胸筋トレーニング

【カッコいいパパは筋トレから(4)】 〜子供と一緒に遊びながら背筋トレーニング〜


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る