お子さんの「成長祝い」について 現在ではどのように行っているのでしょうか?


お子さんが生まれた時から親としてお子さんに健やかに成長してもらいたいと願うものです。

昔から続くお子さんの成長に伴うお祝い行事がありますが、現在では成長祝いを行っている人も減少しているようです。

またお祝いはするけど、昔のものとは少しずつ形がかわってきているものもあります。親の願いが込められた成長行事をご紹介します。

帯祝い


妊娠5ヶ月の「戌の日」に腹帯を巻いて安産をお祈りする行事です。昔から犬は多産でお産が軽いといわれ、それにあやかる意味で戌の日に安産祈願を行っていました。

現在では、お仕事をされている方も多く妊娠5ヶ月に入ったら戌の日などは関係なく安産祈願に行かれる方もいますが、現在でも戌の日に安産祈願に行かれる方が多いようです。

以前は、安産祈願で腹帯を祈祷してもらったりしていましたが、現在ではさらしの腹帯ではなく実際に着用するガードルタイプの妊婦帯やベルトタイプの腹帯などを祈祷してもらう人が多いです。

安産祈願をしてもらう神社などへ事前に連絡をして、必要なものや安産祈願をいつやっているかなど確認しておくとよいでしょう。

有名な神社では土日祝日の戌の日はかなり混雑することがありますので、5ヶ月目に入って平日に安産祈願に行ける人は平日がオススメです。

また、上のお子さんを一緒に連れて行く方は、祈願の最中に上のお子さんが騒いだりしてもすぐに席をはずせるように、出入り口のそばへ座るようにするとよいですよ。

お宮参り


地元の神社などへ初めてお参りし、赤ちゃんの誕生を氏神様へ報告し元気に育つようにと願う行事です。生後1ヶ月前後に行います。

現在では、地元の神社ではなく有名な神社や安産祈願をしてもらった神社などへお礼参りとして行く人もいます。

帝王切開などで傷口が傷んだり、全身状態があまり回復していないようならもう少し時期を遅らせたりしましょう。ママとよく相談して時期を決めるといいですよ。

お食い初め


お子さんが一生食べ物に困らないようにと願いを込めて、生後100日で行う行事です。(地域によっては、110日目・120日目ということもあるそうです)

お祝いの膳(鯛・赤飯・お吸い物・煮物・香の物の5品)と歯固めの石を用意し、膳に用意された食べ物をお子さんの口へ運び食べさせる真似をします。

歯固めの石はお宮参りの時に神社からお借りするという形をとり、お食い初めが終わったら神社へ返すというのが一般的でしたが、最近ではお食い初め用の歯固め石が販売されていたり、河原の石を拾ってきたりと様々です。

我が家でも、長男の時には鯛を準備し両親を呼んで行っていた行事でしたが、第3子では赤飯こそ炊いたけれど御頭が付いている魚で代用したり、年長者が食べさせる真似をしただけではなく、上の子が一番下の子へ食べさせる真似をしたりと形を少し変えて家族で行事を行いました。

最近では、両家で食事会を開いたりとお食い初めの形も変わってきています。

初誕生日


お子さんが無事に1歳を迎えられたことを祝う行事です。お子さんが力強く育つように、一生食べ物に困らないようにと願いを込めて「一升餅」を背負わせます。

昔は風呂敷で「一升餅」を包み背負わせていたようですが、最近では「一升餅」を販売しているお店で「一升餅」をリュックに入れてくれるところもあります。

ご家庭でお餅をつくことが少なくなっている時代ですので、お店に予約してしまうご家庭も多いようです。また、両家で食事会やホームパーティーを開いたり外食したりするご家庭も増えています。

まとめ

お子さんの成長祝い行事が時代によって変化してきているのがわかると思います。

昔ながらの行事ですが、形式だけに囚われずに家族やママとよく話し合い、お子さんの健やかな成長を願いお祝いして、自分たちや時代に合った成長祝いをしてあげることが最善なのではないかと思います。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る