【カッコいいパパは筋トレから(4)】 〜子供と一緒に遊びながら背筋トレーニング〜


このパパの子供と遊びながらの筋トレシリーズも今回が最後となります。

【シリーズ バックナンバー】
【カッコいいパパは筋トレから(1)】 子供と一緒に遊びながらの下半身の強化

【カッコいいパパは筋トレから(2)】 子供と一緒に遊びながらの腕の筋トレ

【カッコいいパパは筋トレから(3)】 子供と一緒に遊びながらの大胸筋トレーニング

どんな時でもパパには、旦那様にはカッコよくいて欲しいのが家族の希望だというのが少しでもあると思います。

男性陣はその要望に出来るだけ答えてあげたいという使命感も少なからずあるはずです。しかし、いざ運動しようと思うとなかなか億劫なものですよね。

今回は、身体の中で一番シルエットに直接影響する「背筋」を子供と遊びながら鍛える方法を考えてみましょう。

そもそも背筋の鍛え方って?


通常、背筋運動と考えると「上体起こし」を連想すると思います。

少し運動に詳しい方であれば、チンニング(懸垂)だという声もあるかも知れません。

しかし、子供を連れてチンニングするパパ・・・なかなか想像できませんよね。

上体起こしなら子供を上に乗せながら出来そうです。

でも、子供が楽しんで乗っていてくれるかと考えると・・・難しいです。

実際に背筋を鍛えるためには、背中に負荷を掛けながら動かなければなりません。

子供を負荷にするためには、子供自身はあまり動きがありませんので飽きてしまいます

でも、最高の背筋運動があるのでご紹介しましょう。

子供と遊びながら出来る最高の背筋運動 「肩車」


子供に飽きさせないで、しっかりと楽しんでもらいながら、自分はしっかりトレーニングをする。

その最高の運動が「肩車」になります。

肩車をする時、子供の足をしっかりと持っていますよね?

脇の下に絡められるような脚の長さになってくると、担いでいる事自体で鍛えられてしまいますね。

しかし、もっと小さな子供の場合、しっかりと脚を持っていなければ落っこちてしまいます。その腕の角度も背筋を鍛えるにはちょうど良い角度です

なぜ肩車が良いのかというと、子供はパパの頭の方向以外も見ているということが挙げられます。

子供は、自分の興味がある方を見て、パパの頭をその方向に向けようと努力します。その瞬間、パパの背中にはかなりの高負荷が掛かります

ちょっとした散歩や、買い物中に肩車をするだけで結構疲れたりしませんか?

いつも異常に高い位置に意識を置いていながらも、背筋を正し、しっかりと腰から歩くことができるのでこの疲れはやってきます。

姿勢正しくしていることだけでも鍛えられる背筋にこの高負荷は最高のトレーニングになります

まとめ. 背筋を鍛えることは親子のふれあいが増える


どんな子供でも大好きな肩車が、パパのトレーニングの一環になってしまうのであれば安いものです。

そして、それをすることで子供とのふれあいが増え、お互いの距離がいつでもベストな状態を維持することが出来ます

背筋を鍛えると嬉しいことが多くあります。

身体の中で一番大きな筋肉群である背筋は、基礎代謝がかなりアップします。基礎代謝がアップすると、知らず知らずの内に体型維持に貢献してくれます。

そして、古い話にはなりますが「男は背中で語るもの」です。力強いパパの背中を現代でも維持していきましょう。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る