【毎年もめる悲しい現実】PTA活動とパパについて


新学期になると必ずやらなければならないPTA役員決めですが、学校によってPTA活動内容に差はあるものの、だいたい毎年多かれ少なかれもめてしまうのが悲しい現実です。

そんなPTA活動とパパさんについてポイントとともにご紹介します。

PTA活動の情報収集


まず初めて小学校へ上がるお子さんをお持ちのパパさんは、お子さんが通う学校のPTA活動やPTAの情報を集めましょう。

ポイント:同じ学校に兄弟がいるママ友やパパ友から情報を聞きだしましょう。どんな活動があるのか、いつやるのが楽なのか詳しく教えてもらいましょう。

同じ地区の小学校でもPTAの活動内容やPTAの役員決めは全く異なっています。自分のお子さんが通う小学校の情報を集めましょう。

ママからママ友にいろいろ聞いてもらったり、入学式の時に配られるPTAの資料によく目を通しておきましょう。

出来れば、入学前には一通りPTA活動の情報が手に入っていると、入学式直後のクラス委員決めや委員会決めなど余裕を持って決められます

PTA活動の内容は実に様々で、本部と呼ばれる会長や福会長・書記などのメジャーな役職、クラス委員などのごくわずかな人数だけを選出し活動している学校から、全員何かの委員会などに属しなければいけない学校まで様々です。

また、お子さん一人につき一回何か役職につかなければいけない学校から、家庭で一回何かをやればいい学校までPTA活動の形式と内容は多種多様です。

PTAの活動の中には、パパさんが活躍している活動内容のものもあります。

私の子供の小学校では、学校の環境整備や運動会や学校祭などの駐車場の誘導などはパパさんが活躍しています。それをやることで、他の役職につかなくてよいというものです。

共働きで、ママがPTA活動に参加しにくい場合やパパさんの仕事が多少時間を調節できる場合には積極的にパパさんもPTA活動に参加するとママの負担が軽くなります。

また、PTAの活動にもきちんと参加しつつ、家庭や仕事にしわ寄せが来ないのでパパさんが動ける家庭ではとても人気のPTA活動です。

逃げ切れる?逃げ切れない?


PTAの役員などを選出する際に逃げ切りを狙っている方も多いようですが、それはもはや時の運としか言いようがありません

お子さんの学年の人数が多く、PTA活動に積極的に取り組んでくれて役員などを引き受けてくれている人が多いクラスなどは逃げ切りもあるかも知れませんが・・・

大体5年生か6年生の大変な役職が回ってくる時期に逃げ切りを目指していたママ友が役員に当たってしまう状態を何度か見たことがあります。

ポイント:やりたくないのならなお更、低学年の仕事の量が少なく責任も軽いうちに何かやってしまうことをおすすめします。一度やっておけばもう一度やって下さいとはなりにくいですし、やってない方へお譲りしますとやんわりお断りすることも可能ですから。

役員に選出されてしまったら…

ポイント:潔く快く引きうけましょう。

中にはくじで選出になる場合などもあります。その時によくトラブルに発展するパターンが、いざくじで決まったら、「仕事があるから受けられません」など仕事を理由にごねるパターンです

ならなぜ?くじを引く前にその旨を申し出なかったのか?

周りの父兄の印象も悪くなるし、後々まで噂の種になってしまいます。父兄がいがみ合い憎しみ合う為のPTA活動ではないのに、毎年父兄のいざこざが起こってしまい悲しいですね

まとめ


PTAの役員決めは子供には見せたくない現場ですね。

お子さんには人のためにとか、率先してなんでもするようにと言っているのに、自分は自分のお子さんたちのためでもやりたくないと・・・。

そんな親の背中をみているお子さんが率先して人のために動けるようになるとは到底おもえませんよね。

家庭もあり仕事もあるのはみんな同じことですよね。自分のお子さんがお世話になる学校のPTA活動ですから、ボランティアの精神で子供達のために動ける範囲で協力したいものですね。

お子さんに素敵な背中を見せてあげられるように、素敵な大人の対応と行動をとりたいものですね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る