子供はみんな好きだと思うな、着ぐるみとヒーローショー(笑)


着ぐるみが嫌いな子もいる!

「せっかくリゾートパークに来たのにキャラクターと写真を撮るのを嫌がってしまう」

これ、結構よくある話なんです。

家でテレビを観ている時には「○○だ!」と喜んでいても、実際キャラクターの近くに行くと固まってしまう子供って結構いるんですよ。

無理に写真を撮ろうとしたら、逆にそのキャラクターも嫌いになってしまったりするんです。軽いトラウマですね(笑)

こんな子って、親として心配ですか? 社交性や夢のない子だなって思います? 

いいえ、他の子と比べて少し現実的なだけですよ。「テレビの中のキャラクターだ」って思っているだけなんです。

それが現実に目の前に出てきたら、びっくりしてどうしていいかわからなくなってしまうんですよ。

我が家の息子は、テレビでは小さいはずのキャラクターが自分より大きかったり、表情が固まったままで動き回っていたり、怖くて仕方がなかったと言っていました

ヒーローショーも苦手?

ヒーローショーでは、悪者が大暴れしているところにヒーローが出てきて悪者を格好良くやっつけます。

遠くなら楽しんで観ていられるのに、近くでは観たくないって子も結構多いんです

テレビの映像とのギャップに戸惑ってしまうんです。

テレビの中では強いヒーローの技のキレの無さに不安を感じたり、それに対しての悪役の人数やリアリティさに自分も連れて行かれてしまうんではないかと恐怖を感じたり…。

とてもピュアなんですね。そして今のテレビはCGなどで色んな演出がなされています。

剣から炎が出たり、斬ったところから火花が出たり、とんでもない跳躍をしたり、ショーではできない事が多いですからね。ヒーローを頼りなく思ってしまう事もあるんですよ。

パパとママで一緒に楽しむといいかも?

かといって、せっかく子供をリゾートパークやイベントに連れて行って怖い思いをさせてしまうのもかわいそうですよね。

パパ・ママが一緒になって楽しんでいる事で、抵抗がなくなっていくこともあるんですよ

だから、どこかに連れて行く時のパパ・ママのスタンスは「楽しいかい?」ではなくて、「楽しいね!」です

「遊びに連れて行く」のではなく、「一緒に遊びに行く」んです。子供の為にと考えすぎないで、自分も目一杯楽しむことで、子供も楽しめるようになると思いますよ。

一緒にいろんなところに行ける(行ってくれる!?)のも、今のうちだけ。いっぱい楽しみましょ!


この記事の著者

cojiro

cojiro

cojiroです。中学3年男子の父、2年前から叱る方の担当です。一人息子を溺愛する奥さんと、何度となく衝突しながら現在に至ります。ママが望むような理想のパパを目指すと疲れます。頑張り過ぎずにパパを楽しめるうちに目一杯楽しみましょう

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る