保育園・幼稚園の新生活で子供に変化が! タイプ別、そんな時はどうしたらいいの?


4月になりお子さんも新生活が始まります。

進級したり、入園・入学で今までの生活とは全く違う世界へ飛び込むお子さんですが・・・。そんな時ほとんどのお子さんに多かれ少なかれ変化があります。

・感情をそのまま表に出す「行きたくないよ~」と泣き叫ぶタイプ
・幼稚園では精一杯頑張っていい子を演じてしまい疲れて家ではぐずぐずしてしまうタイプ
・親の前でも頑張ってしまう発散できないタイプ

いろいろなタイプがあります。そんなお子さんの変化をしっかりと見極めてお子さんのストレスを軽減してあげましょう。

感情をそのまま出すタイプ


幼稚園へ行きたくないと親に抱きつき離れようとしないタイプは一見大変そうですが、問題が目に見えています。

だいたいママやパパと離れたくなというシンプルな感情です。今までずっと一緒に生活していたのですから仕方のないことです。

ママもパパも泣き叫んでいるわが子を見るのはとても辛いことです。しかし、お子さんはママやパパとの世界だけではなく社会へ出るための準備として幼稚園生活が始まります。

その成長を親も辛いですがぐっと耐えて、お子さんと一緒に成長しましょう。親も子離れという成長をしなければならない時期なので頑張りましょう。

特にママが悩んでしまい辛そうな時は、パパはママを励ましお子さんを励ますサポート役へ回りましょう。

対処法:

主にお子さんが泣き叫んでしまうのは幼稚園へ送って行った時ママやパパと離れる時です。

その時に、ママやパパがいつまでも泣いているお子さんと一緒にいてはいつまで経っても泣き止みません。心を鬼にして後のことはベテランの園の先生へお任せしましょう。

今まで何十人とそんなお子さんを見てきている先生たちです。案外ママやパパがいなければケロッと遊び始め、遊びに夢中になるなんて事も多いですよ。

お迎えに行った時や幼稚園との連絡ノートなどでお子さんの園での様子などを聞いておきましょう。園ではお友達と遊んだり、制作をしたなどママやパパを安心させてくれる内容が書かれていたり先生の口から聞くことができますよ。

園ではいい子・家ではぐずぐずタイプ


離れ際に泣いたりするのかと思ったらしっかりと手を振り「いってきます」と親の方がなんだか寂しい気持ちになってしまうこのタイプですが。

幼いながらに幼稚園では精一杯頑張って気を使い、先生の言うことをよく聞き行動する良い子ですが・・・家に帰ると一変! 何なの?今までこんなにぐずぐずしなかったのにと親の方がイライラしてしまうことがあります。

園から帰って来たら、いつもは好きなおやつでさえもぐずぐず… あれは嫌だこれは嫌だ、遊んだおもちゃもいつもなら自分で片付けるのに出来ない! なんて言い出すし、お着替えだって自分で出来ていたのに・・・それはお子さんも疲れているのです。

しかし、疲れているからと言って何でも望み通りにしてあげてはお子さんのためになりません。ぐずぐずすれば何でも叶うと思ってしまいますから

対処法:

おやつや何かに対して文句を言っていたら、叱るべき時はしっかりと叱りましょう。いくら疲れていてもダメなものはダメと教えましょう。

疲れているから仕方ないと甘やかしてしまったらどんどんエスカレートしてしまいます

お着替えや片付け・日常生活で今まで出来ていたことが出来ないと言い出したら、ママやパパが上手く誘導して少し手伝ってあげたり、「お着替えゲームだよ!どっちが早く着替えられるかな?」など工夫してあげましょう。

そこで「今まで出来ていたのだからやりなさい!」なんて言われてしまうとお子さんは益々ぐずぐずし、疲れてしまいます。

園生活になれてくれば、またいつものお子さんになります。体力的にも、精神的にもまだまだ成長途中のお子さんの状態を汲み取りなおかつさらに成長できるように助けてあげましょう。

家でも園でもいい子タイプ


第一子に多い園でも家でもいい子タイプですが、やはり子供ですどこかでストレスを発散してあげなければいけません。

このタイプは感情を表に出すことが苦手で、自分の中に溜めやすいので爆発しないように少しずつ発散させてあげましょう

感情を表に出さないからと言って執拗に園での生活を聞きだそうとしたり「何か嫌なことはあるの? 困っていることは?」なんてうるさく聞こうものなら、もっと心を閉ざして感情を出すどころではありません。

親がうるさく詮索するのはやめましょう

対処法:

お風呂に入っている時や食事の時など、何気なく園での様子を聞いてみましょう。

ママが口うるさく聞くよりも、パパと一緒にお風呂に入った時に何気なく聞いてみたり、公園や外で遊んでいる時にさらりと聞いてあげる方が案外話しやすいものです。

ママはつい気になってしまい口うるさく聞いてしまいがちですが、パパの方が冷静にそれとなく聞けるので、お子さんも話しやすいかもしれません。

園でも家でもいい子タイプのお子さんこそ感情を外に出さないことが多いのでママやパパがよくみてあげましょう。

身体的に疲れているのであれば、いつもみたいに外へ行きたがらないとか、精神的に疲れているのなら時折表情が冴えないとか、感情を表に出さないおこさんこそよく観察して変化に気づいてあげて下さいね。

まとめ

新生活が始まるお子さんにとって「初めて」なことがたくさんあります。感情を表に出す子や感情を表に出さない子、いろいろなタイプのお子さんがいて、兄弟でも全くタイプがことなります。

そんな時、ママやパパはお子さんのタイプや性格に合わせて成長を助けてあげましょう。ここまで育ててきたパパとママだからわかるお子さんの個性に合わせ、さらにお子さんが成長できるように手助けをしてあげて下さいね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る