パパが知っておきたい「子供の熱中症」の予防策と対処法


これからの季節、熱中症に気をつけなければなりません。

お子さんを連れて外出した際に、パパが熱中症について正しい知識と対策、処置を知っておくことでお子さんを重度の熱中症から守ることが出来ます。

熱中症の対策、熱中症かなと思ったときの対処法をご紹介します。

熱中症にならないための対策

(1) 水分をこまめにとりましょう。

お子さん特に乳幼児は新陳代謝が活発で、汗やおしっことして水分を多く体外へ排出しています。そのための脱水になりやすいです。

水分をこまめに摂取させましょう。遊びに夢中になりすぎて水分が摂れていなかったりすることの無いように、遊ばせている時にも気をつけて水分を摂らせるようにしましょう

また、水分を多く含む食事を取ったり、おやつにはゼリーなど食べるものからも水分を摂取しておくとよいでしょう。

(2) 熱や日差しに注意しましょう。

お子さんはまだ体温調節がうまく出来ません。

熱のこもらない素材の衣服を着せたり、薄い色の衣服を選んだり、汗をかいたら着替えさせたりと大人が細かく観察し、体温調整の手助けをしてあげましょう。

外出時には必ず帽子をかぶらせたり、ベビーカーの日よけを使用し直射日光がお子さんに直接当たらないようにすることも大切です

(3) 地面の熱に注意しましょう。

お子さんは背が低く大人より地面からの熱の影響を受けやすいです。ベビーカーも同じく地面から数十センチと地表の熱でかなりの高温を体感しています

大人が感じている気温よりも、お子さんたちが感じている気温が高いことがあるので、アスファルトやコンクリートなどの熱を高熱を放射しやすい場所では十分に気をつけましょう。

(4) 暑い環境に置き去りにしないようにしましょう。

夏になると車中に置き去りにされ熱中症で死亡した事件を耳にすることが多々ありますが、車中だけではなくクーラーのついていない部屋に昼寝をさせておいて気がついたらぐったりしていたなんて事例もあります。

高温の環境下にお子さん一人にすることの無いようにしましょう。必ず近くで目の届く範囲にいるか、クーラーなどをかけ室温を下げ寝かしつけるなどしましょう。

(5) 室内遊びや水遊び中にも気をつけましょう。

室内であっても室温が高かったり、水分をあまり摂取していない場合には熱中症にかかることがあります。

また、外で水遊びをしていたり、プールに入っている時にも熱中症にかかることがあることを知っておきましょう。

水遊びやプールに入っている時などは「大丈夫じゃない?」と思われがちですが、意外と多いのが水遊びやプール中の熱中症です。

大人も水で体が冷やされているのであまり神経質にならずに遊ばせてしまって、子供も楽しく水遊びをして気がつけば水分を摂っていなかったということがあります。

水遊びやプールの時にも休憩時間を設け、こまめに水分を摂取させることが大切です。

(6) よく見てあげましょう。

お子さんは、体の不調を言葉で上手く伝えられないので大人がよく見てあげることで、体調の変化にいち早く気付き熱中症を予防できるようにしましょう。

汗のかき方や顔色、泣き方や元気に遊んでいるか?など大人が注意して見守ってあげましょう。

熱中症の対処法

熱中症かな? と思ったらすぐに対処しましょう。

(1) 涼しい場所へ移動しましょう。

クーラーの効いた室内や車の中へお子さんを移動させましょう。

屋外にいる時には、風通しの良い日陰などを見つけ、涼しいところへ移動しましょう。

(2) 体を冷やし、体温を下げましょう。

衣服を脱がせとにかく体内の熱を放出しましょう。

冷たい氷嚢やアイスノン、無ければ持っている冷たいペットボトルなどとにかく冷たいもので首筋やわき、足の付け根を冷やしましょう。

それらの持ち合わせが無い場合には、タオルなどを水で冷やしそれを当てておくだけでも違います。また、冷たい飲み物を少しずつ飲ませてもよいでしょう。

(3) 塩分や水分を補給させましょう。

水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクのようなものをのませるとよいでしょう。水分だけでは、汗などによって失われた電解質が補われず、脱水症状が改善しないことがあります。

まだ幼いお子さんにスポーツ飲料はちょっと・・・という方にも、乳幼児用の電解質飲料(だいたい3ヶ月から飲むことが可能と記載されています)も市販されていますので上手に使用しましょう。

まとめ

これから暑くなる季節ママだけではなく、一緒に外出するパパさんも熱中症について知っておくと、熱中症かな? と思ったときに対処ができ熱中症の重症化を防ぐことが出来ます。

一緒に遊んでいる時にこまめに水分を摂らせたり、お子さんの様子をよく見てみたり本の些細なことでお子さんを熱中症から守ることができます。熱中症対策をして楽しくお子さんと夏を楽しんで下さいね。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る