ママのためにパパが夏前にやっておきたい対策


既に暑くなり始めていますが、梅雨を抜ければもっと猛烈な酷暑を控えていますので、今のうちにパパが暑さ対策をしておくことで快適な居住環境を作ることをオススメ致します。

冷房をつければ涼しさを手に入れることはできますが、それだけでは外に出ることを嫌うようになってしまいます。

俗にいう【夏バテ】の始まりです。

あなたの家庭の安泰の鍵を握っているのは、紛れもなく奥様の平穏な時間です。今こそ、あなたの本気を示してみましょう。

1.暑さ対策のために網戸の掃除を


暑い暑いと言っても、心地良い風が吹いているのは事実です。この風を無駄にするのは上手くありません。

家の中というのは、電気がついているからこそ明るいですが、実際はしっかりと日光を遮ってくれる大きな日陰となります。

そこを風が過ぎていけば、とても過ごしやすい温度に室内を保つことができます。

それを助けるためには、今の内に網戸を綺麗に掃除しておくことが重要になります。

網戸には、多くの埃が積もっています。この埃が風の通りを妨げる原因となると同時に、いくら掃除しても取れないニオイのもとにもなっているのです。

網戸の掃除というのは、簡単そうに見えて意外と重労働です。

そこをあなたが率先して終わらせておくことで、ほんの少しだとしても奥様の平穏な時間を保つことができるでしょう。

2.換気扇を掃除しよう


年末に一度手を出すかどうかの換気扇。

油汚れやそれに伴う埃のこびり付き、早めに対処しておくことで料理をスるモチベーションを保つことができます。

実際にキッチンに立つと分かりますが、汚れたところで料理するのと綺麗なところで料理するのとでは、作業の進みに違いが出てきます。

古い油の臭い、淀んだ空気、そして熱がキッチンに立つことに壁を作ります。換気扇が綺麗になっていれば、この壁を取り払う大きな一歩となります。

余裕があればシンクまわりも壁も綺麗にしておくことをオススメ致します。

不思議なもので、一度綺麗にしたキッチンはなかなか汚れません。それは、綺麗なものを保つ努力をしようとする人間の本能的なものからかも知れません。

あなたが掃除しておくことで奥様のモチベーションを保つことができるのであれば、ちょっとした努力は絶対に無駄になりません。

なぜこの暑い中換気扇の油汚れなんか掃除しなければならないのかと思うかも知れませんが、暑いからこそ油が柔らかくはがしやすいのです。

今の内にやっつけておけば、寒い中油と戦わずに済むので頑張りましょう。

まとめ.家事の一部を手伝っておくことで奥様の機嫌を良くしておくことが夏を快適に過ごすためにつながる


今回は家事の中でも重労働となる2点をご紹介しましたが、たったこれだけでも奥様の機嫌は取ることができます。

たまに買って帰るプレゼントやケーキなども効果はありますが、実際に仕事が減ることで時間ができたり、過ごしやすい環境を作ってもらえる方が嬉しいと感じるのは当然です。

家を守ってくれている奥様に、物ではなく真心をプレゼントしてみてはいかがですか。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る