世界中の小学生に大人気! 子ども達が虜になる「Fidget Spinner・フィジェットスピナー(ハンドスピナー)」


去年から、アメリカやオーストラリアはもちろん、世界中の子ども達の間で爆発的に流行っている「Fidget Spinner・フィジェットスピナー(ハンドスピナー)」。

直径5センチ~10センチほどの大きさの手遊びおもちゃで、2つか3つの羽のようになったパーツがくるくる回るという、ごく単純なおもちゃなのですが、子ども達が続々とハマっています。あなたはご存知ですか?

大人にはわからない!? フィジェットスピナーの魅力とは

フィジェットスピナーの使い方はとっても簡単です。中心部分を指でつまんで、羽の部分をくるりと回すだけ。初めての人でも、1分間くらいはぐるぐると回り続けます。

慣れてくると、3分間くらい回せたり、手のひらや頭に乗せたりして、小ワザを使えるようになります。

まぁ、それにしても「ただ回るだけ」のこのおもちゃ、大人はどうしても「えっそれだけ?」と思ってしまうのですが、子ども達は一度回し始めると、もうやめられない!という状態になってしまうのです。

障がい児のリハビリ用に開発された、フィジェットトイ


「fidget」とは、せかせか・もじもじすること。シャーペンをカチカチならしたり、貧乏ゆすりをしたりすることを意味しています。

このスピナーを含むフィジェットトイは、もともとADHD(注意欠陥・多動性障害)などでじっとしていられない子どもや、無筋力症の子どものために開発されたものなのだそうです。

子ども達が片手で簡単に遊べる、じっと見ていても飽きない、というポイントはここからきているようです。

あまりのヒットに、学校では持ち込み禁止に?


あまりにも子ども達が夢中になりすぎるため、学校によっては持ち込みをを禁止しているところもあるそうです。

「学業の妨げになる」というのが大きな理由ですが、先生の授業もそっちのけで遊んでいるなんて、いかに子ども達がハマっているかが分かりますね。

DSやiPadなどののスクリーンゲームが主流の今の時代に、その流れに逆らって手動で安価なポケットサイズのガジェットが流行るなんて、本当に驚きです。

何がそこまで子ども達を虜にしているのか、大人の私たちにはよく理解できませんが、もしもあなたが「少年の心」を持ち続けていたら、ハマってしまうかもしれませんよ。

記事元:CNN NEWS
http://edition.cnn.com/2017/05/17/health/fidget-spinner-fad-partner/index.html


この記事の著者

Tsukky

Tsukky

南半球のオーストラリアで男の子・女の子、2人の小学生を子育て中のママです。食物アレルギーがあったり、男の子と女の子の成長のちがいに驚きの毎日ですが、オーストラリア流の「のんびり子育て」を楽しんでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る