なぜ?「パパよりママを尊敬」の増加 これからのパパに期待すること


子は父の背中を見て育つ――なんて時代もありましたが、最近のパパ・子事情はどうでしょう?なんと「パパは尊敬できない」と言う子どもが増えているというんだから、これは大変です!

なぜ? どうしたらいい? を、世のパパ達と一緒に考えてみます!

「パパよりママを尊敬する」子どもが増えている?


先日、何気なしにニュースを見ていたところ「最近、パパよりママを尊敬している子ども達が増えている」という内容を放送していました。

家庭内においてパパの方が偉いとかママの方が偉いとか、そんなことを主張するつもりはありません。ただ「父親の威厳」といったものが長らく重視されてきた日本において、これはちょっとばかり由々しき事態なのでは? と。

何より、家族のために一生懸命に働いているパパが、よりによってわが子から「尊敬できない」と言われるなんて……これはちょっと、いやかなり、ショックなことです。

パパの威厳が落ちている原因


番組内では、パパが子どもから「尊敬できない」と言われる原因として、
・家庭内で活躍していない
・友達同士感覚でつき合える

この二点を挙げていました。

パパは外で仕事、ママは家庭を守る。と夫婦の役割分担がきっちり分かれていたひと昔前と比べて、現代は共働きが主流になりつつあります。

外で働き、家では家事も育児もこなすママと比べて、パパが家で活躍する姿はなかなか見られません。子どもの目には「ママは外でも家でも頑張っているのに、パパは家でだらけてばかり」と映っているのかも……。

また、かつてのお父さんって、いわゆる「頑固オヤジ」なんて呼ばれるほど、怖くて近寄りがたいイメージがありました。が、現代のパパはとても優しいので、子どもにとっては友達感覚に近いことも。

すると「一緒にいると楽しい、気楽に話せる」反面で、父親としての威厳は損なわれてしまいます。

これからのパパに期待すること


時代の流れとともに、家族のあり方も変化します。昔の姿に戻ろう! というのは、少々無理があるでしょう。

そんな中でパパにお願いしたいのは、家の仕事をママにだけ押し付けないで欲しいということ。ママと同じだけの家事をやって欲しいということではなく、家事も「自分ごと」として意識し、向き合ってもらいたいのです。

また子どもとは、ぜひメリハリのある関わり方を。友達同士のような関係性も悪くはありません。けれどここぞという時には、親の威厳でビシっと躾けなくてはならないこともあります

子どもを導くこと、それは親としての大切な役割です。

ママもそんなパパをかげながらサポートし、間違っても子どもの前でパパの悪口なんて言わないようにしないといけませんね。これは、個人的にも心に留めておきたいと思います。

子どもは親の姿をよく見ています。パパ・ママの意識が変われば、それは必ず子どもにも届くはず。より良い親子関係を築き、子どもからの信頼を取り戻すためにも、がんばりましょう!


この記事の著者

七尾 なお

七尾 なお

仙台在住のママライター。夫、息子、娘の4人家族です。家事も育児も手を抜き息を抜き、ゆるーく毎日やっています。世の中のパパとママがもっと仲良くなれますように!という想いをこめて、記事をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る