働くママの味方「三種の神器」で、生活をもっと豊かに!


時代の流れとともに、生活をより豊かにする家電が次々と生まれてきました。「三種の神器」は、その中でももっとも象徴的なもの。現代ではママのための「三種の神器」もあるようです。

それは何なのか、また利用することによってどんな恩恵が受けられるのでしょうか?

「三種の神器」って何か知ってる?


「三種の神器」という言葉を聞いたことがありますか?

もとは1950年台後半に生まれた言葉で「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」の家電三品目がそう呼ばれました。電化製品がまだ一般的でなかった頃、人々にとってこれらが豊かさやあこがれの象徴だったのですね。

さて時は流れ、この三種の神器も変化を遂げます。

1960年代半ばの高度経済成長時代には「カラーテレビ・クーラー・自動車」が、平成になると「デジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型大型テレビ」がそれぞれ新しい三種の神器として登場しました。

……と、これとはまったく別の市場で、ママ的三種の神器というものが存在するのをご存知でしょうか?

便利なモノはとことん使え! ママ的三種の神器を揃えよう

現代の働くママの三種の神器、それはズバリ「乾燥機能つき洗濯機食洗機掃除用ロボット」です。どうでしょうか。お宅にはいくつ導入されていますか?

ちなみにわが家もずっと共働き家庭ですが、いまだに乾燥機能つき洗濯機しかありません。

が、これ一つを取っても「買ってよかった!」のひと言。他の家電についても、購入したママ達は「もうこれがないと無理」と口を揃えます

一見すると、本当に必要なの? と思えるものばかりですよね。

乾燥機なんてなくてもベランダで干せばいい、食洗機なんてなくても洗剤とスポンジがあればお皿は洗える、ロボットがなくても掃除機をかければ済むこと

……たしかにそうです。

でも、働くママ達にとって何よりも捻出するのが難しく、貴重なものは「時間」です

これらを使えば、今まで家事に費やしていた時間を他のことに回せます。洗濯物を干していた時間で子どもと遊び、洗い物をしていた時間で趣味の読書をし、掃除機をかけていた時間でパパとの会話を楽しめるようになるんです。

「タイム・イズ・マネー」、「時は金なり」ということわざがありますが、まさにこれは時間をお金で買うことに他なりません。

おわりに


働くママにとっての「三種の神器」についてご紹介しました。

いざ購入しようとしても、それなりの費用がかかったり、置き場所に困ったり……と、一筋縄ではいかないこともしばしば。つい導入を先送りにしてしまうこともあるでしょう。

ですがこういった便利家電をいち早く取り入れることによって、生活にゆとりが出ます。ムダな時間を削って、その分やりたいことができる。特に忙しい共働き家庭にとっては、とても重要なことだと思うんです。

三種の神器を活用することで、ママの笑顔も増えて、家庭の中も明るくなること間違いなしです! ぜひあなたのお宅でも、導入を検討してみてくださいね。


この記事の著者

七尾 なお

七尾 なお

仙台在住のママライター。夫、息子、娘の4人家族です。家事も育児も手を抜き息を抜き、ゆるーく毎日やっています。世の中のパパとママがもっと仲良くなれますように!という想いをこめて、記事をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る